お出かけで怖がられちゃった!初めての○○!

1,206 views

「子どもに最高の思い出を!」と思って張り切って出かけてみたら、予想を上回る人ごみ、渋滞、天候悪化などで「こんなはずじゃなかったのに!!」という経験はありませんか?

中でも初めての体験は子どものリアクションの予想がつきにくいもの。大人の感覚で連れていくと大変なことに!

「え?これが怖いの?」と大人が驚く初めての○○を5つご紹介!

初めての花火大会は遠くからがおススメ!

これからの季節、花火大会が各地で開催されると思います。
子どもとゆっくり花火大会を楽しむためには、特等席の確保は必須ですよね?
でも、場所を取りに行く予定のお父さんお母さん、ちょっと待って!
見上げるような距離の席は、子どもによっては恐怖を覚えることも……。

打ち上げ花火の音は大人でも大きく感じますよね?
夜空一面に広がる花火は綺麗ですが、迫力満点すぎて怖いと感じる子もいます。
人の多さに驚くかもしれません。
花火大会デビューの年は、いきなり真下の特等席をさけて、まずは遠くから鑑賞することをおススメします。

遊園地は無理をしないでのんびりと!

お出かけスポットの定番、遊園地!3歳くらいから楽しめるところが多いと思います。
でも、乗り物に乗るときは慎重に!対象年齢に該当するから大丈夫だと思って乗ってみたら、想像以上のスピードと高さに驚いてしまう子もいるようです。
対象年齢はあくまでも参考で、お子さんの性格を考慮して無理のない乗り物選びを!
乗っているだけだから大丈夫!と思いがちな内容であっても、予想を裏切る突然の加速や暗闇などは怖いと感じるようです。
まずはお子さん自身が見て確かめられるものを。

映画館は基本ずっと暗闇です!

「これ見たい!映画館行きたーい!」
子どもが大好きなアニメが映画化されると、テレビで宣伝がバンバン流れ、それを見た子どもがこんなことを言い出すと思います。
子どもに人気のアニメはシリーズ化され、毎年のように公開されていますから、避けては通れない道なのかもしれません。

当たり前のことですが映画館は暗闇です。そしてテレビより音もかなり大きくなります。
可能であればお子さんの席の左右に両親が座って、手がふれる距離で家族で楽しめるのが良いと思います。
今はネットなどで座席指定もできるので、通路のそばなど安心できる席を選んでおくのもいいですね。

お祭りは大人も本気で騒ぎます!

笛や太鼓のお囃子が聞けたり、屋台がたくさん出ていたり、お祭りはいくつになっても楽しい行事のひとつですね。
伝統的なお祭りになると大人にとっても一大行事です。想像以上の賑わいになることを想定して参加しましょう。
夜がメインのお祭りもあるかと思いますが、お子さんが小さいうちは昼間の人出の少ない時間帯にいくのがおススメです。
車道と歩道の段差、ワンちゃん連れの人、お酒を飲んでいる人、いろいろと気を付けるポイントがあると思います。
まずは自宅近くの行きやすいお祭りから参加してはどうでしょうか?

蛍さがし・天体観測!夜の自然に触れ合うときは

子どもが怖がる共通点、それはズバリ暗闇です!

なので暗闇に飛び込んでいく夜の自然体験などは、できるだけ大人数で参加すると良いでしょう。
蛍を探しに行くときにはまだ薄暗かった景色も、蛍を見ている間に真っ暗になります。通ってきた道が見えなくなりますので、懐中電灯は1人一本持って行きましょう。
水辺が近くにある場合には安全にも注意して!常に声を出しながら行動を心掛けて下さい。

流星群の観測など、明かりの少ない場所で夜空を眺めるときは、行き慣れた場所を選ぶのがポイントです。
昼間に何度か行ったことのある公園や駐車場、もしくは市や区で行われる施設での天体観測ツアーなどもおススメです。まずは施設内の望遠鏡で星空を眺め、その次のステップとして家族で出かけるのもいいですね。

こんな記事も読まれています