基本を見直して楽しく貯金する方法。無理せずに貯めよう☆

1,256 views

結婚して新しい生活がスタートすると誰もが戸惑う家計のやりくり。
今まではお給料を好きに使っていたけど
結婚したら子供もほしいしそうもいきませんよね。
貯金が苦手な人も、ちょっとしたことを見直せば
案外楽しく貯金ができるかもしれません。


家計簿をつける

基本中の基本ですが、まずは家計簿をつけましょう。
家計簿をつけることで毎月何にどれだけお金を使ったのか
収支がわかりやすく弱点が見えてきます。
また、弱点がわかればそれ以降気をつけることができますね。
毎日ノートに管理することが苦手な人は
携帯の家計簿アプリを活用してみましょう。
自分の好きなやり方で継続することが大切です。

支出のだいたいの割合を決める

理想的な支出の割合が存在します。
食費にどれだけ金額をかけてもいいのかわからない・・
そんな時は、自分たちの月収に照らし合わせて
こちらの割合を参考にしてください。
どの項目にいくらまでならつかえるのかわかれば
無駄が少なくなり貯蓄に結びつきます。
・夫婦二人の場合
食費・・15%
住居費・・25%
水道光熱費・・5%
通信費・・6%
保険料・・4%
趣味・・3%
被服費・・3%
交際費・・2%
雑費・・2%
おこづかい・・12%
その他・・3%
貯蓄・・20%

それぞれ用途に分けてお金を管理する

それぞれの項目の支出にかける金額がわかったら
それぞれわけて管理しましょう。
食費だけ入れるお財布を作ってしまうのも良いでしょう。
できることなら、クレジットカードを使ったらすぐに別管理しましょう。
クレジットカードは知らない間にどんどん
お金を使ってしまうことが多いもの。
引き落としのある口座にあらかじめ戻しておけば
頑張ってもなかなかお金がたまらないという
事態は避けられるはずです。

お小遣い制にする

案外忘れがちなのがお小遣い。
独身の時はあるだけ遣ってしまう人も多かったでしょう。
しかし、結婚を機にしっかりとお小遣い制にすることが大切です。
決められた金額の中で買い物をすることになるので
無駄遣いもなくなりますし、用途不明なお金が
出ることもなくなるでしょう。
金額は上記の割合を参考に
きちんと話し合って決めましょう。

携帯電話の料金プランを見直す

結婚を機に携帯電話の名義変更をする人も多いと思います。
合わせて今のプランが自分に合っているのか確認しましょう。
また、昔入ったままの有料アプリなどがそのままになっていることは意外と多いはず。
少しずつの出費でも、ちりも積もれば山となります。
ショップに行って店員さんに見てもらえれば漏れもなく安心です。