ワンランク上の結婚式!おしゃれなテーブルコーディネート5選

33,431 views
テーブルコーディネート

いろいろある結婚式準備の中で、ドレスやブーケはイメージが沸くけど、素人には分かりづらいのが、会場のインテリアコーディネート。
今回は装花、テーブル周り、ナフキンやシルバー類のディスプレイなど、すぐにでも真似したくなる写真を用意しました。



南国風な式場テーブルをエレガントにチェンジ!筆者の参考例

これは実際に筆者が今年の二月に挙式した際の例です。

筆者が選んだ式場では、デフォルトの会場装飾が南国バリ風でした。
それはそれで大変素敵だったのですが、もうちょっとだけふんわりやさしい印象を出したかったので、いろいろな変更を施しました。

具体的な変更点は以下です。

1.ナプキンの折り方
 通常の平面的な折り方ではなく、お花の形にして貰い、中央にレースで包んだドラジェを配置
2.テーブルランナーをデザインチェンジ
 南国風のテーブルランナーをやわらかいレース使いのものに。
 合わせて、ランナーを2枚にして十字にすることで、白いシンプルなテーブルクロスを派手に見せる工夫を。
3.テーブル中央の花の装飾とキャンドルを、会場備え付けの造花から生花のアレンジに変更
 事前にフローリストさんと打ち合わせを行い、ブーケの色に合わせたバラ装飾に。

この三つの変更のみでまったく違う印象のテーブルを作りました。

料金は会場によっても違いますが、変更にかかったオプション料金は筆者の場合で1テーブル2万円ほどでした。

これを参考に、「テーブルクロス」「装花」「シルバー周り」「ナプキンアレンジ」でそれぞれ素敵な例を以下にあげさせていただきます♪

http://www.andativa-batur.com/yokohama/photo/

テーブルクロスに一工夫!+1のテーブルランナー

大体の会場では、会場使用料金の中に含まれているベースのテーブルクロスがあります。
会場によっては、何色か用意があり選ばせていただけるのですが、多いのは、基本の白、茶色などの無地です。
テーブルクロスそのものを、標準のものから変えると、それなりのオプション料金が掛かってしまって予算オーバーということにもなりかねません。

そんなときは、テーブルランナーという細長い布をアクセントで+1しましょう。
テーブルクロスを変更するよりも、安くアレンジできる場合があります。
また、テーブルランナー自体は細長い長方形の布ですから、挙式まで時間がある場合であれば、新婦様が手作りして持ち込むのもいいかもしれません。

リンクは、テーブルランナーの手作り解説です。

https://www.youtube.com/watch?v=2JeH-XBo8jg

いちばん目が行くテーブルの中央 センターフラワーを変える

参列の皆様の目に一番先に入り、テーブルの印象を決定付けるものといえば、やはりセンターフラワー、テーブル装花です。

ほかの部分はさておいても、この部分にオリジナリティを集約することで、ゲストの印象もだいぶ変わります。

生花にこだわらず、造花でコストを下げても、ガラスの器やビーズ、花びらなど、100均にあるようなアイテムでも組み合わせ次第ではとってもオシャレになります。

リンクは、テーブルフラワーの参考例まとめです。

http://matome.naver.jp/odai/2127452700384640301

リボンを解いたら夢の時間のはじまり…あなどれないリボンアレンジ

会場によっては、装飾イメージに合わせて使う食器やシルバーを変更してくださるところもあります。
しかしもちろんオプション料が発生することがほとんどですので、予算との兼ね合いで難しい…となりがち。

そういう場合は、リボンを使ったアレンジはいかがでしょうか?
手芸店で売っているサテンリボンで食器類を結ぶだけで、特別な時間の始まりを意識させることができます。

お皿は円形なのでリボンかけが難しい場合は、お皿の上に装飾したドラジェを置いておくなども、華やかになっていいですね☆

ナプキンの色と折り方もいろいろ…

凝った折り方に対応できない会場でも、これなら大丈夫。
ナプキンリング(200~300円)にナプキンを通すだけで、キュートなリボンに!

紙製でメッセージを書き込めるナプキンリングなどもありますので、新郎新婦から参列者の皆様への粋なメッセージとしても使えますね。

また、会場でナプキンが一色しか用意されてないという場合でも、結婚式アイテムの通販サイトを使えば、一枚80円から購入することもできます。

参考リンク:大手海外通販サイトのナプキンとナプキンリング

http://www.lightinthebox.com/ja/c/wedding-reception_4456

こんな記事も読まれています