【結婚式準備】早めに決めておくと便利なコト5つ

1,194 views

2人で愛を誓う場とされる結婚式。今では様々なスタイルがありますよね、2人のカラーや雰囲気作りも大切とされ、ゲストまでもが楽しめるおもてなしは、やはり日本特有の文化なのではないのでしょうか。そんな伝統ある結婚式当日を迎えるにあたって、準備も2人仲良くと行きたいところですね。



①音楽

華やかな舞台をよりよく演出してくれる「音楽」。
挙式、披露宴と何気なく流れていると思っていた曲達ですが、実は準備の段階で、30曲以上用意しなければなりません。
もちろん、結婚式場にお任せでと伝えれば、色々とそれに見合った音楽を流してくれますが、それぞれの思い入れや、思い出。また、ゲストとの思い出の深い曲もあるはず。
そういった曲があれば早い段階でいくつか候補を挙げておくと、後でいざ書きだす時にスムーズに決められること間違いなしです。
また、入場や退場など雰囲気のある曲を調べておくのも良いですね。

②プロフィールムービーなどに使う写真

最近では手作りするアイテムの代表とも言える「プロフィールムービー」ですが、いざ作ろうとパソコンに向かうも写真がなければ何も始りません。
アルバムの中からいくつか候補を出そうとしても、懐かしさのあまりアルバムに夢中になってしまうなんてケースも・・・
なので時間があれば、ムービー作りを始める前に、写真を選抜する日をあらかじめ作っておくと後でスムーズにとりかかれます。

③親族のフルネーム(漢字)

メールやラインで相手のフルネームや、漢字での書き方などを簡単に確認できる時代になりましたが、それは友人まで!仲が良く「○○おじちゃん」なんて呼んでいたら、いつの間にか漢字が分からない・・・そんな事にならないように、年賀状などを早めに確認しておく事も大切です。
どうしても分からない場合は、両親に協力してもらい早めに控えておくと良いでしょう。

④自分の好きなものをまとめる

ウエディングドレスやブーケ、演出など自分達で色々と考え形にしていく作業が多い結婚式ですが、自分の好きなものや色など簡単にメモを取っておくと、いろんな場面で組み込むアイディアとして活用できるのではないでしょうか。
また、お互いに客観視した意見などもあると、迷った時の一票に繋がります。

些細なことかもしれませんが、色々なところで使える引き出しを持っておくとスムーズに決められます。

⑤ゲストの好き嫌い

何かを選ぶ時、自分の嫌いなのは選ばないですよね?たとえ些細な事であっても、嫌と思うものも見たり聞いたりするのは不愉快に繋がります。
また、逆に好きなものを見たり聞いたりすると、嬉しかったり幸せな気持ちになりますよね?そんな気持ちで終始楽しんで頂けるよう、ゲストの好き嫌いをリサーチしておくのも素敵な結婚式を挙げるために必要なのではないかと思います。