男性が落ち込んで疲れた時にかけてほしい言葉とNGワード

6,332 views

人間は疲れているときやへこんでいるときには、優しく声をかけて欲しいもの。
男性でも女性でもそれは同じことですよね?

今回は、男性が、愛する彼女にそんなとき、どんな言葉をかけて欲しいか?
というのを探って行きたいと思います。

あなたの一言が魔法の一言になるかもしれませんよ。


ゆっくり休んでね・体に気をつけて

体の調子を気遣ってくれる、いたわりの言葉がまずは何よりも嬉しいみたいです。
そのほかにも「お疲れ様」「無理しないようにね」など仕事が終わった後にそっとメールで連絡をとるのもいいかもしれませんね。

それだけで彼のつかれは一気に吹き飛ぶかもしれません。あなたがパワーのみなもとになるのです。

応援してる・私は味方だよ

エールをおくる意味でこんな言葉も効果的なようです。

何があっても、どんなことが起こっても「私だけは」あなたの味方で、理解してあげようという、共感の気持ちをあらわすことが大事みたいです。

「私もがんばる」などお互いに応援しあう言葉もポジティブワードでいいかと思います。

よくやってると思う・がんばってるよね

彼がベストを尽くしている、よくやっているんだということを肯定してあげることも重要です。

もしかして職場では孤独な立場にあったりするかもしれません。そんなときにあなたのふとした言葉が彼には救いとなるのではないでしょうか?

そうだよね、などのあいづち

疲れているときは、気持ちのはけ口も欲しくなるもの、ついつい愚痴だってこぼしたくなることでしょう。

そこであなたの出番です。彼の話をただだまって聞いてくれるだけでも、どんなに心が安らぎ、いやされることでしょうか。

口をはさまず、「うんうん」「そうだね」などのみじかいあいづちを時々打つだけで、そんなときは十分だろうと思います。
あなたの優しい気持ちは彼にはもちろんもう通じていますよ。

逆にNGワードは?

それでは逆に言ってはいけない、言うと逆効果になってしまう言葉にはどんなものがあるのでしょうか?

「がんばれ」と言う言葉は応援しているようで、実はかえってプレッシャーになり嫌う人も多いようです。

もちろん彼を頭ごなしに否定する言葉は言ってはいけません。

たとえば「やる気あるの?」とか「そんなことでうじうじしていないで」など…ただでさえ落ち込んでいる彼の気持ちが固く閉ざされてしまいますよ。

男性は、ある意味女性よりデリケートな面を持ち合わせていますので、そのへんをよくわかってあげて、言葉をうまく選んで、大好きな彼をいやしてあげてくださいね。

それがうまくできれば、彼のあなたへの信頼感がぐっと高まって、よりいっそう2人の仲も深まり、絆もかたくなることでしょう。

こんな記事も読まれています



シェア