サイズアウトした子供服の処分方法5選。メリットとデメリット☆

2,442 views

買うのも着せるのも楽しい子供服。

でも子供はすぐに大きくなるのでワンシーズン着たらサイズアウトということがほとんどですよね。

下の子がいればお古で着せたりもしますが…それもまたワンシーズンでサイズアウト。

まだまだ着ることができる状態の服も多いですよね。

そんな子供服をどうしたらいいのかメリットとデメリットと共に考えてみました。



ネットで

今はネットオークションやフリマアプリなども簡単に出来るようになっています。
とても気軽に簡単に売ることが出来ます。
メリットは売れるとその分だけお金になることです。
デメリットは梱包や発送などを自分でやらなければいけないのでめんどうくさいと思うこともあります。
また入金されたかの確認なども銀行や郵便局などに行ってしないといけません。
また個人同士のトラブルも考えられます。
入金がされないことや、発送したのに届いていないと言われるなどのトラブルも耳にします。

リサイクルショップ

服を買い取ってくれるリサイクルショップに持って行き買い取ってもらうというのもありますね。
メリットは持っていって査定をしてもらうだけなのでとても楽なところですね。
デメリットは買い取り金額がとても安い場合が多いところです。
お店も利益をあげないと行けないので買い取り金額は一つ一つがかなり安い場合が多いです。

フリーマーケット

買ってくれる方の顔を見て直接やりとりが出来るフリーマーケット。
メリットは直接なので安心感はあります。
また値引き交渉をしたりなどのやりとりも楽しかったりしますね。
デメリットは出店料は結構高い場合もあるのでどれだけ子持ちのお客さんが来てくれるのかなどの事前リサーチが大切ですよね。
またサイズアウトした服が少量の場合は売り上げ金額よりも出店料の方が高くなってしまうこともあるので友達と持ち寄ったりするのもいいかもしれません。

友達にあげる

自分の子供より小さい子供がいる友達にあげるというのもありますね。
友達なので特にメリットデメリットなどはないとは思います。
ですが、服の好みが合わない場合は貰っても迷惑かもしれません。
またお礼をどうしたらいいかなど迷う場合もあると思います。
とても仲良しで何にも気にしない仲の友達にあげたいですね。

その他

他には裁縫が得意な方だとリメイクをしたり、お人形の服にしたりなどもいいですよね。
どうしても愛着のある服だと手放すことが出来なくてずっと家に置いたまんまなんて方もいるようですよ。
そういう場合は子供が大きくなった時に見せてあげると成長を感じることが出来たりするかもしれませんね。
サイズアウトした服をどうするかは色々な方法がありますがメリットとデメリットを考えて自分に合う方法を見つけたいですね。

こんな記事も読まれています