困った!をやった!に♪雨の日の室内あそび5選

1,885 views

毎日子どもと一緒にいると困るのが雨の日。
洗濯ものは乾かないし、状況によっては部屋中洗濯ものだらけ。
家から出たいけど…子どもの一緒では外出も一苦労。
なんとか家の中で楽しく過ごせないかな…。と思っているあなた!
雨の日でもおうちで楽しく過ごせる室内遊びを5つご紹介します。


貼り絵

2歳くらいになるとびりびり破るのが大好きになります。のりでぺたぺた貼るのも大好き。そんな子におすすめしたいのが貼り絵。
まず、好きな色の折り紙をびりびり破ります。そして厚紙やいらない新聞広告にでんぷんのりを出しておきます。(スティックのりを使ってももちろん良いと思います)指先にのりをつけて破った折り紙に塗り、紙に次々と貼っていきます。コラージュのように見えて、わが子もピカソやダリ?だなんて思えるかもしれません。または、何かの絵の輪郭(たとえばチューリップ)をあらかじめ書いておき、その枠の中にぺたぺた破った紙を張っていくのも楽しいですね。

シール貼り

子どもはシールが大好きですよね。シールを渡してほうっておくと少し目を離したすきに大事な家具や襖などが大変なことになっているかもしれません。でも、シールを台紙からはがして別の場所に貼るという作業は手先が器用になってきた証拠。おすすめは100円ショップで小さな丸のカラフルなシール。直径1センチぐらいのものから3センチぐらいのものまであります。画用紙やスケッチブックの紙に好きなように貼ってみると、何かの模様にみえてくるかもしれません。同じ色のシールを連ねて貼れば電車みたいですね。

ひとりでおつかい

親になって観てみると感じ方が全く違う「はじめてのおつかい」をおうちでもやってみませんか?おとなはお店の人とおつかいをお願いする人にわかれます。買い物に行くのはもちろんお子さん。ママ1人のときは1人2役と少し忙しくなりますが、がんばってトライしてみましょう。
始めは買いに行くものを何度も口頭で確認するものの、いざ買い物に行くと自分のほしいものを言ったり、当たり前ですが買い物のシステムがよくわかっていないのでお金を払うことが何なのかちんぷんかんぷんだったりします。それも家の中でできるひとつの社会経験。のんびり楽しく学んでいけるといいですし、そんなわが子を見れるのもほほえましい気持ちになりますね。

動物あるき

雨で洗濯物が思うように乾かないというだけでもうんざりなのに、子どもに元気いっぱい家の中を走り回られるとさらにイライラ…こんなことってよくありませんか?でも、子どもも雨で外に出ることができないストレスと戦っているんです。うるさくない運動で運動不足を解消しましょう。
やり方は簡単。動物のまねをして家の中を歩きます。例えばくまさんなら四つん這いからおしりをあげて高ばいの格好になり、歩きます。ペンギンなら手をおしりにやってパタパタさせながら歩くのもかわいいです。

てるてる坊主作り

雨の日の遊びをいろいろ紹介してきましたが、そもそも晴れてくれないと困る!というお子さんとママにはてるてる坊主作りがいいかもしれません。ティッシュを丸めて小さな玉を作り、さらにその上からティッシュを重ねて首になる部分をモールなどで縛ります。目や口を書いたらできあがり。もし、いらない布があれば布で作ってみてもいいですね。

こんな記事も読まれています



シェア