式場選びで確認したい「これって持ち込みOK?」確認ポイント

1,437 views

二人の想いの詰まったウェディング。色々厳選してこだわりたい人も多いはず。

お気に入りのドレスがあるのに式場で取り扱ってない!なんて時、皆さんならどうしますか?

式場を選ぶ時に以外と重要な、持ち込みできるか確認しておきたい物を紹介します。



ウェディングドレス

まずは、よくあるドレスの持ち込み。
持ち込み完全NGの式場もあるので一番に確認したいポイントです。
式場によっては、購入したドレスや、知人から譲り受けたものなど個人の所有物であればOKの出る場合もあるので、そういう予定があるなら事前に相談しておきましょう。
ほとんどの式場で、式場や提携ドレスショップ以外からの持ち込みについては、持ち込み料がかるので、料金確認をお忘れなく。
費用節約のためにドレスを持ち込む場合は、持ち込み料とレンタル料を比べて考えて下さいね。

ヘアメイク

一生に一度の晴れ舞台を、いつもの美容師さんにお願いしたいって場合。こちらも持ち込み完全NGというところも少なくありません。また持ち込めても持ち込み料がかかります。さらに、持ち込みの場合は式場内の美容室が使えないので、支度用の部屋も別途用意しなければならない場合も。その時は、部屋代もかかることがあるので注意が必要です。
ちなみに、ブーケやティアラなどのアクセサリーは、持ち込めるところが多いようです。こちらもちゃんと確認しましょう。

ペーパーアイテム

ペーパーアイテムは費用節約のために、手作りするカップルも増えてきています。
招待状、席次表、席札、引き出物のバッグなど、手作りできるものも沢山。
こちらは持ち込みできる式場が多いですが、どこまでできるのか訊いてみましょう。
プランナーさんに相談すると、招待状の文例や、席次表の構成などもちゃんと教えてくれますよ。

引き出物

心を込めたお礼の品の引き出物。
二人で選んだお気に入りの品や、自分の会社の製品を引き出物に加えたり。
手作りしたプチギフトを、ゲストに配りたいって事もありますよね。
こちらも持ち込めるのか、また持ち込んだ場合の持ち込み料などを確認してください。

その他にも

最近は、カメラマンを持ち込む方もいるようです。
こちらも、式場提携の写真館があるので、他から持ち込みできるか確認が必要です。
二人の思い出を残すものにもこだわりたい場合は、重要事項ですね。
他にもウェディングケーキを、有名洋菓子店で頼みたいなどなど。
こだわりで、持ち込みたいものがあるカップルも、費用節約のために持ち込みを考えているカップルにも、持ち込み料の確認は絶対お忘れなく!
でももし、予約した式場で持ち込めないものがあっても、落ち込まないで。
その式場で用意できるものを最大限使って、二人だけの理想のウェディングに近づけてくださいね。

こんな記事も読まれています