デートのネタがない?ならばバードウオッチングだ!

3,953 views

もう長年付き合ってきて、デートはいろんな場所に行った。
猫カフェ、動物園、ペットショップ、水族館…もう動物系のネタはな~い!
…一つ忘れていませんか?そう、鳥です。
「鳥なんか見たってつまんない」そういう人にほど観察してほしい野鳥。
5月の愛鳥週間は、恋人とバードウォッチングに出かけてみませんか。



野鳥の魅力

野鳥をもっとも魅力的に語っている本のひとつとして、とりのなん子さんの「とりぱん」が挙げられるでしょう。
こちらで第一羽が読めます。
岩手県で暮らす、作者のとりのさんをとりまく野鳥と日常のお話です。この漫画は野鳥の魅力だけではなく、すぐそこにある自然の面白さや素晴らしさを教えてくれます。4コマなのでどの巻から読んでも基本的には大丈夫です。
未読の方は是非手に取ってみてください。そして野鳥が見たくなったら窓を開けて空を見上げましょう!

山に行かないと鳥が見られないなんて、ウソ。

野鳥を見るためだけに湖畔や山に行かなきゃいけないの!?とお思いの方は多いと思います。
でもそんなことはないんですよ。都市部でも見られる野鳥は意外といます。
例えば以下の鳥。
・スズメ
・ヒヨドリ
・ハシブトガラス
・ハシボソガラス
・ドバト
・ハクセキレイ
…などなど。結構いますね!
電線の上や木の上に止まっている野鳥を見たら、ちょっと観察してみると面白いですよ。

一人で見るより二人で見たほうが、楽しい。

さて、あなたが野鳥に魅了されたところで(笑)、恋人もとりこにさせちゃいましょう。
一人で黙って観察するのも楽しいですが、二人だと楽しさも二倍になりますから!
デート中に公園に寄ってみて、何も話すことがなくなったら二人でハトを眺めるチャンスです!
近くの木からヒーヨヒヨ、とうるさい鳴き声がしたらそこに注目してみましょう。そこにはヒヨドリがいるはずです。
「あの元気なのがヒヨドリだよ!」と恋人に教えてあげてみて下さい。もしかしたら…向こうが興味を持ってくれるかも。持ってくれなかったら「とりぱん」を貸してあげましょう(笑)

図鑑があるとより楽しい

本格的なバードウォッチングでなくても、野鳥の名前がすぐ分かれば楽しいですね。
帰ってから調べようと思っても大抵忘れてます(笑)
ポケット野鳥図鑑があるとすぐ調べられていいですよ。
新ヤマケイポケットガイド6 野鳥 改訂版
こちらの図鑑は、野鳥のだいたいの大きさが分かりやすく書いてあります。たとえば、「スズメより小さい」「スズメくらい」「ハトくらい」などですね。これが結構分かりやすいです。
図鑑を眺めながら、恋人とあーでもないこーでもないと言い合うのも楽しいですよ。

野鳥に心惹かれなくても、鳥モチーフはかわいい。

もしここまで読んでみて、野鳥にまったく心惹かれなかった方。
お付き合いいただきありがとうございます(笑)
でも鳥グッズも素敵なものが多いですから!ぜひチェックしてみて下さい。
彼女へのプレゼントにもいいですよ♪
鳥モチーフブームなのか、あちこちの雑貨屋さんやアクセサリー屋さんで見かけますので、恋人と一緒に見てみては。

こんな記事も読まれています