彼に初めての手料理!知っておきたい、男性ウケの良くない手料理。

2,223 views

いつもと気分を変えて、今日は手料理で彼をおもてなしデート!

おふくろの味といえば『肉じゃが』などが定番ですが

肉料理が大好きと言っても、『ハンバーグ』の方が良い男性も多いようです。

同じ食材を使っても、調理方法で男性好みの料理に変身!

では、正直男性はどんな料理はうれしくないのか。

男性のホンネをチェック!



ご飯が進まない『煮物系』

お母さんの愛情たっぷりの懐かしい味を思い出させる“家庭的な料理”の代表格、煮物。
おふくろの味として親しまれている“肉じゃが”などは、一見、男性の大好きな肉料理というイメージがあり、喜ばれるに違いないと思いがちですが、男性のホンネはちょっと違うようです。
『一生懸命に混んで作ってくれるのはうれしいけど、正直ご飯があまり進まない』と、ぶっちゃけあまり喜ばれる料理ではないというのが現実。
煮物の美味しさが心にしみるのは、ちょっと年齢を重ねてからの方が多いようです。
働き盛り、遊び盛りの男性にとっては、物足りない味なのかもしれません。

煮るより焼いて!『煮魚』

肉より魚派の男性もいると思いますが、魚もやはり煮るより焼いた方が好き!という男性が多いようです。
煮魚でも、イタリア風にトマトで煮込んだオシャレな料理が得意であれば、腕の見せ所ですが、オーソドックスに醤油や味噌で煮込んだ魚は、味がシンプルになりがちで、不評です。
焼き魚は本来の魚の旨味が引き立てられるので、味付けなしでも、シンプルに塩のみでも喜ばれるようです。
その季節で一番旬な魚を、味付けなしでアツアツに焼いてオシャレな皿に盛れば、それだけで喜ばれる一品に変身!
シンプルな料理にはオシャレなお皿選びも工夫してみましょう。

家庭の味が強く出る『カレー』

ほとんどの男性が好んで食べる料理がカレーライス。嫌いな男性は、滅多にいないと思います。
ゆえに、初めての手料理を残さず喜んで食べてもらおうと、カレーライスを選ぶ方も多いと思います。
でも、要注意!
最も“家庭の味”に差が出るのがカレー。
各家庭によって、入れる具材やトロミ加減、味の濃さ加減などバリエーションは様々です。
中には市販のルーを使わずに、一からすべて手作りする家庭も。
家庭の数だけ味があるといっても過言でないのがカレー。
彼女の手作りカレーに『いつもと違う味に違和感が…』という男性もいるようです。
大抵の人は美味しいと食べてくれますが、小さいころから、凝った家庭の味カレーだけしか食べたことのない男性には、自分の味に慣れてもらうために何度も作ってあげるしかないかも?

べチャっとなったらアウト!『チャーハン』

おかず要らずで男性の胃袋を満足させる、炒める料理の代表『チャーハン』。
でも、簡単ゆえに注意が必要な料理です。
『チャーハン』は、いかにパラパラに炒めるかが勝負!
ハッキリ言ってチャーハンは味ではなく、口に入れた時の食感が命です。
どんなに味の良いチャーハンを作っても、ベチャベチャしていたら失敗作に…。
それだけで男性の食欲を削ぎ落します。
マヨネーズを油代わりに使うとパラパラチャーハンが作れる、など、美味しく作るコツを勉強して練習しておくと失敗はしないかも。

勘違いキュン♥料理『オムライス』

オムライスと言えば、赤いトマトケチャップを使う、見た目も色とりどりで華やかな料理。
子供も大好きな料理ですよね。
オムライスの醍醐味は、黄色の卵の皮の上に、ケチャップで好きな言葉や絵をペインティング出来ること。
男性が心を癒しに行くお店、メイド喫茶でも定番のメニューですよね。
メイドさんがご主人様(お客様)の目の前で、ケチャップで文字を書くサービスが人気のようですが、それはあくまでお店での話。
それを、彼女が家で彼の前でやってしまうと、喜ぶ男性もいるかもしれませんが、中には引いてしまう男性も。
オムライス自体は問題ありませんが、ケチャップで『LOVE』や『♡』などを書くことは、男性にとって、ある意味そういうお店のネタとして楽しんでいることのようです。
普通にかけて上げることが無難でしょう。

こんな記事も読まれています