幸せ夫婦はやっている♪結婚記念日の過ごし方。

2,871 views

新婚ホヤホヤの時期から年数が経つに連れて

「結婚記念日なんて覚えてな〜い!」

なんて事にはなっていませんか?
二人が愛を誓い合った大切な日だからこそ、365日あるたった1日だけでも新婚当初に戻って〝ありがとう〟を言葉や行動にしてみましょう。

みんながやっている『結婚記念日のお祝い方法』をまとめてみました。



【いろいろな結婚記念日】

結婚記念日は籍を入れた日だったり、結婚式をした日だったりと夫婦によって様々ですが、結婚記念日は年数によって名称があるのはご存知ですか?

銀婚式や金婚式などは耳にした事があるかと思いますが、それ以外にも可愛かったりユニークな名称があったりするのです。

例えば……
4年目は『花と果実婚式』
8年目は『電気器具婚式』
14年目は『象牙婚式』
40年目は『ルビー婚式』
70年目は『プラチナ婚式』

これには、廉価で柔らかく日常的な物から始まり徐々に高価で硬い貴重品へと変わっていくという意味があるようです。まるで夫婦の形や絆を表したようですよね。

【結婚式をした場所で食事】

今時の結婚式場はレストランを兼ね備えている場所も多いようですね。筆者の結婚式場もそうでした。結婚式を挙げた日が近づいてくると毎年、式場からディナーやランチに関するご案内のお手紙が届くのです。結婚記念日を忘れる事がないのでとても助かっています。笑
結婚式を挙げた場所でお食事が出来るなんて、素晴らしいサービスですよね!その場所に立てば何年も前の二人を思い出して泣いたり笑ったり優しい気持ちになれたり。
こんな時だからこそ普段は照れ臭い「ありがとう」が言えたり…。
当時の気持ちを思い出せば二人で一緒に新たな一歩を踏み出し「また二人で頑張っていこうね!」と手を取り合う事ができそうですね。

【気持ちを伝える】

ほとんどの方は旦那さんがお仕事などで留守にしているのではないでしょうか?なんとな〜く朝がきて、なんとな〜く夜になってしまう。。。
結婚記念日だからといってプレゼントをあげなければいけないという事もありませんしね。
ただ、皆さん感謝の言葉や気持ちを伝える事は忘れていないようです。
「いつもありがとう」
「これからもよろしくね」
「お互い健康で仲良く過ごそうね」
など手紙や言葉で気持ちを伝える。
恥ずかしければLINEで伝えても良いでしょう。
なんら変わりのない日々でも、この言葉を伝えるのと伝えないのとでは今後の夫婦生活にも大きな影響がありそうですもんね。いつもの感謝の気持ちを思いきって伝えましょう。

【お家でお祝い】

せっかくの記念日ですもの。
この日ばかりは〝節約〟という言葉を忘れましょう。
外食はせずに「初めて作ってあげた手料理」や「旦那さんの好物」を作るなどお料理に気合いを入れる方が多いようです。
ケーキやワインを用意してちょっとしたパーティー風にしてみたり。
日頃の感謝を込めて〝旦那さんが料理をしてくれる〟なんて方もいるようです。お互いを思いやる気持ちが長続きの秘訣ですね。

【記念旅行】

お互いの時間を合わせられる場合は、記念に旅行へ行く方も多いようです。
一泊二日で温泉や豪華に海外旅行へ行く事で二人の想い出がさらに増えるのも良いですね。

いかがでしたか?
今までは結婚記念日をお祝いしていなかった方も、「ありがとう」を送ってみませんか?

こんな記事も読まれています