要チェック!オトコはこんな頼み方に”カチン”とくる

1,811 views

ものすごく忙しいときは、パートナーにも何か手伝ってほしいもの。

でも要注意!頼み方ひとつでカレをムッとさせているかもしれません。

快くお願いを聞いてもらえるような、そんな上手な頼み方について書いてみたいと思います。



まわりくどく伝えてませんか?

「買い物袋の中のアイスを、冷凍庫に入れて」と頼みたいとき、婉曲的に「買い物袋をそのままにしておくと、アイスが溶けちゃうんだけどな…」などと伝えたことはありませんか?

このような伝え方は、はっきり言うとNGです。まわりくどく伝えれば伝えるほど、カレはなぜか命令されたような気分になってカチンときます。

カレの耳にはこう聞こえるからです。「当然、手伝ってくれるわよね?もし手伝わないなんてことがあれば…そんな冷たいオトコとはもう一緒に住みたくないわ!」

言い方ひとつで大違い

オンナはまわりくどい伝え方を、柔らかい頼み方になるのでは?と思ってしまうことがあります。しかしこれは、大いなる勘違いのようです。

あなたがカレに「買い物袋の中のアイスがこのまま溶けるのと、溶けないのと、どっちがいい?」と尋ねたとします。

オンナの感覚では、ここでピンときて、さっと冷凍庫に入れてくれたらいいな~と思ったりしますよね?でもこの感覚はオトコにはまったく通じません。なぜそんな質問をされるのか理解されず、イライラさせるだけです。

オトコの耳にどう聞こえるかが重要

「買い物袋の中のアイスがこのまま溶けるのと、溶けないのと、どっちがいい?」と尋ねられたとき、オトコの耳には依頼ではなく命令に聞こえています。命令に捉えられる言い方はできるだけ避けてください。

なぜ命令に聞こえるのか?それはNoが許されない質問だからです。さきほどの質問でカレが「溶けたほうがいい」と言ったらあなたは怒りますよね?Yesしか許されない=”あなたからの命令である”と受けとっているわけです。

ストレートが1番

オトコに効果的な頼み方。それはストレートな依頼です。「冷凍庫にアイスを入れて」とシンプルに頼みましょう。

ちょっと言い方が違うだけでここまで反応が違うのか?と感じられるかもしれませんが、ストレートに頼んだ方がオトコは断る自由が与えられていると感じて、その分だけ快く頼み事をきいてくれます。

Noを許す

ポイントは、どうも、オトコ側から見て命令調になっていないか。そして、Noと言うのが許されているかどうかであると言えそうです。

オンナ側ではまったくそんなつもりがなくても、ちょっとまわりくどく伝えるだけで、簡単にオトコはカチンときて何も手伝ってくれなくなります。

カレへのお願いは、ストレートに伝えましょう。YesかNoかの選択権を与えてあげてください。そうすれば、毎回ではないかもしれませんが、まわりくどく依頼するよりは、はるかに効果が上がりますよ。

こんな記事も読まれています



シェア