似合う色を選んでみましょう~summer Ver.~

5,376 views

パーソナルカラーで夏(summer)が出たあなた☆サマーと言われるとどんなイメージ、どんな色合いを思い浮かべるでしょうか??夏らしい色、ファッション雑誌で取り上げる時に春というワードでどんな色合いが出てくるでしょうか?あなたに似合う色や気を付けたい色、好きな色との合わせ方のコツをご紹介します。



夏タイプの芸能人とは?

夏タイプの芸能人の代表とは広末涼子さん、松島菜々子さん、鈴木京香さん、綾瀬はるかさん、井川遥さん。エレガントで清楚という言葉がぴったりの方たちですね♪

夏タイプのあなたの特徴

初夏の雨に咲く紫陽花を思わせる、スモーキーな夏のグループ。ベールを一枚かけたような、パステルカラーの色調は全体的にふんわりとした印象です。上品で清楚な雰囲気があり、奥ゆかしさと芯の強さをもつやまとなでしこのようなタイプです。エレガント、フェミニン、ソフトといったキーワードを意識した、優雅で品のあるコーディネートがおすすめです。

夏タイプのあなたにぴったりな色♪

上の画像を参照ください。色選びのポイントは、青みを含んだ、明るい、ソフトな色です
○青みを含んでいる
○ パステルカラーやスモーキーな色
素材としては、薄地で繊細な素材。軽くて柔らかい素材がおススメです。柄はやさしい花柄や細かい柄(細めのストライプ・小さな水玉・崩し水玉)、ソフトな曲線模様がお似合いです。
夏の色と相性の良いアクセサリーは・・・あまりキラキラしないつや消しタイプのシルバー・プラチナ、ピンクゴールド、ピンクパール、ルビー、ダイヤ、アメジスト、オパール、丸みのある小ぶりなアイテムです。

苦手な色とは?

顔に影ができて疲れて見えてしまうようなオレンジやカーキなど黄みの強いイエローベースの色、暗く重たい色、鮮やかな原色は避けましょう。よく選びがちのベージュ。そのベージュの中でも黄味の強いベージュ老けて見えます。そして黒は顔のソフトさとアンバランスになるので、基本的にNG。だけど透ける素材で黒を着るとOK!よくありがちな茶。茶ではなくあずき色と覚えておきましょう。

あなたの好きな色との組み合わせ方☆

ソフトホワイトを差し色にすると、肌色の透明感がアップしたように見えるでしょう。もしくは明るく優しい色を差し色にしましょう。肌の色と服の色のコントラストが和らぎ、ソフトな印象を与えるでしょう。インナーやスカーフなどコーディネートを工夫したり、あるいはハンドメイドで襟ぐりに似合う色を取り入れたり、工夫してみてはいかがでしょうか?
この春、似合う色と好きな色を組み合わせて素敵なコーディネートをしてみてください♪

こんな記事も読まれています