忙しいママに!「ちょい楽」な離乳食のためのベビーフードいろいろ

5,315 views
離乳食

6ヶ月ごろからはじめる離乳食。

ですが、2人目育児だったり、仕事復帰が控えているママだと、どうしても忙しくて離乳食作りまで手が回らない場合もあるでしょう。

1人目でも、寝不足だったり、風邪をひいていたり、パパのご飯作りと並行すると辛い時も……。

そんなママは、ベビーフードの助けを借りて「ちょい楽」な離乳食作りをしてみるのはどうでしょうか。

アカチャンホンポに売っている商品のおすすめを5つピックアップしてみました。

全てをベビーフードに頼るわけではないので、罪悪感も感じにくいですよ。



かぼちゃフレーク

かぼちゃフレークは、北海道かぼちゃ100%のフレーク。

お菓子の材料としても使うことができ、フレークに水かお湯を注ぐとマッシュのかぼちゃになります。水を多めにすれば離乳食としても使うことができて便利!

保存期間も長く、お家にあるといざという時に助かります。

70gで648円。

そのままマッシュで離乳食にできるほか、パンがゆの味つけにしたり、かぼちゃクッキーなど手作りスイーツにも応用できます。

裏ごしおさかな

お魚を離乳食のためにお刺身を買ってきて、茹でてすりつぶしてをしていると大変です。しかも全てを使い切れないともったいなくて……。

そんな時は裏ごしおさかなを使うと便利です。

フリーズドライなのでお湯で溶くだけ。おかゆにいれれば魚のおだしが出て、タンパク質もとれます。

スープに入れたり、豆腐のすりつぶしに混ぜたりしても使えます。

3個キューブ入りで130円です。

野菜スープ

粉末の野菜スープは薄味のスープなので、離乳食初期から使えます。

着色料、保存料、香料、化学調味料は不使用です。

お湯で溶かして使うだけなので、おかゆに混ぜて味つけにして使ったり、そのままお湯で溶かしてスープとして飲むこともできます。

50gで254円です。

コシヒカリのおかゆ

離乳食を作ろうと思った時、お米を炊きわすれて「おかゆが作れずに大変!」と思った経験があるママもいるはず。

お米が炊いてあっても、赤ちゃんのためにすりつぶすのが面倒と感じることもあるのではないでしょうか。

そんな時はお湯を入れるだけでおかゆができるコシヒカリのおかゆがあります。

223円なので忙しいママは買っておくと助かりそうですね。

甘味料、着色料、保存料は使用していないのも嬉しい点です。

5種の緑黄色野菜

お湯を入れるだけで野菜になる5種の緑黄色野菜は、にんじん、ほうれん草、かぼちゃ、小松菜、トマトの5種類が入っています。

赤ちゃんが野菜不足かな?と思った時にあげられる商品。

そのままお湯で溶いてあげることもできますが、おかゆに混ぜたり、お豆腐に混ぜたり、スープに入れたりアレンジしやすいです。価格は234円。

離乳食で使う野菜はちょっとだけなので、余ってしまうともったいないです。

そんな時は、こういったフレーク状の商品が使いやすいです。

こんな記事も読まれています