出産と産後の体のためにやってみたいマタニティスポーツ

2,007 views
マタニティビクス

妊娠も安定期に入り医師からの許可が出たならば積極的にやっておきたいのがマタニティスポーツです。

体重管理や出産時に必要な筋力をつけるだけでなくマイナートラブルの緩和のためにも、妊娠中だからこそスポーツを楽しみたいですよね。

妊娠中にしっかりと筋力をつけておくと産後ダイエットもスムーズに進みますよ。



気軽に手軽にマタニティウォーキング

スポーツと聞くとつい激しい運動をイメージしてしまいがちですが、ウォーキングだって立派なスポーツなんです。
気分転換のお散歩感覚で気軽に取り組めるので、もともと運動が苦手…という方でもスタートしやすいですよね。

マタニティライフにウォーキングを取り入れて出産に必要な持久力と産後の体型戻しに必要な筋力を手に入れましょう。

意識してほしいのは以下の点です。

・動きやすい服装で行いましょう
・背筋はしっかりと延ばし視線はいつもより少し先を向くよう意識しましょう
・普段より大股でやや早めに歩きましょう
・疲れたりお腹が張った時に休憩できるスポットがあるコースを選びましょう
・水分補給をしっかりしましょう

また、何かあった時のために母子手帳、健康保険証、財布、携帯電話は最低限持って歩くようにしてください。

毎日30分~1時間程度が目安ですが、無理はせず体調と相談しながら挑戦してみてください。
まずは15分程度の短い時間から体を慣らしていくのが良いです。

ウォーキングは有酸素運動ですので体内の血液循環が良くなります。
その結果、胎児にも多くの血液やホルモンが回りますので母子ともにうれしい効果が得られますね。

胎児も一緒にリラックスできるマタニティスイミング

妊娠中にスイミング!?と感じつ方もいるかもしれませんが、マタニティスイミングは安産力を高めるばかりかリラックス効果やマイナートラブルの改善といったメリットがたくさんあるマタニティスポーツです。
水の浮力で大きなおなかを支える負担が軽減されるので無理なく運動ができ、出産時に必要な呼吸法も習得できます。

クロールや背泳ぎを通常通り泳ぐものからフローティング(水に浮くだけ)や水中座禅、水中ウォーキングなどメニューも様々ありますので、泳ぐのが好きという方はもちろん、苦手・泳げないという方でも挑戦できちゃいますよ。
最近では水中でのエアロビクスのようなエクササイズを取り入れて実践しているスポーツジムもあるようです。

気を付けてほしいのは以下の点です。

・個人ではやらないようにしましょう
(何かあった時に対応が取れるスタッフのいるスポーツジムなどの施設を利用しましょう)
・体に合ったスイミングウェアを用意しましょう
・水から上がった後は体を冷やさないようにしましょう

水中はリラックス効果も大きく、それは胎児にも影響するようなので一緒に行うような気持ちで取り組めるのも良いですよ。
また、多くの場合は他の妊婦さんとグループになって行うのでママ友だって作れちゃいます。

呼吸法から身につけたいマタニティヨガ

正しい姿勢さえ守れれば自宅でも簡単に取り入れられるのが嬉しい、’妊娠中にやっておきたいスポーツNO.1’と言っても過言ではないのがマタニティヨガです。
ヨガでは出産や陣痛時に役立つ呼吸法が身につき、無理なく筋力をUPでき血行促進の効果もあるので腰痛や手足のつりといったマイナートラブルも改善されます。
また、静かな空間で心を落ち着けながらできるのでリラックス効果も大きいです。
何より、骨盤周りの筋肉を効率よく鍛えていけるので安産力ばかりか産後の体型の崩れも緩和されますよ。

気を付けてほしいのは以下の点です。

・お腹に張りがあるときは控える
(これはどのスポーツにも共通していえます)
・柔軟な動きが多いのでゆったりとした動きやすい服装でおこないましょう
・きついなと感じるポーズは無理にしようとせず、できるところまでで止めましょう
(無理をしてバランスを崩せば転倒につながり危険です)
・正しい呼吸法と正しい姿勢を常に意識してゆったりとした気分で行いましょう

自宅で妊娠中でもOKなアロマやお香を使いながら行えばリラックス効果も抜群ですね。
また、お風呂上がりなど体が温まっているタイミングで行うのも有効ですので試してみてください。

少し激しめ!マタニティビクス

マタニティビクス…聞きなれないですよね?
妊婦さんのためにプログラムされたエアロビクスのことを指しています。
まだまだメジャーではないですが最近では実践しているスタジオやスポーツジムが増えてきているようです。
すこし激しめの動きもありますのでもともと体を動かすのが大好きな妊婦さんにおススメのマタニティスポーツです。
妊娠中でも無理なく負担なく体を思いっきり動かせるように構成されているのでストレス発散にもなりますね。
また、マタニティビクスはDVDや本も出版されていますのでヨガと同様に自宅で気軽に取り入れることができるのもメリットです。

気を付けてほしいのは以下の点です。

・ジムなどに通う場合はメディカルチェックをしっかりとしてくれる施設をえらびましょう
・ウォーミングアップのストレッチをしっかりと行いましょう
・クールダウンもしっかりととりましょう

しっかり目に運動ができ脂肪燃焼に効果が高いので体重管理の強い味方にもなってくれるマタニティビクスでヘルシーな妊婦を目指しちゃいましょう。

体幹から鍛えるマタニティベリーエクササイズ

少し前にダイエットとウエストのくびれに効果が高いと話題になったベリーダンスをご存知でしょうか?
マタニティベリーエクササイズはそんなベリーダンスのリズムと腰の動きを取り入れたスポーツです。
腰回りの体幹をしっかりと鍛えてくれるので出産力UPにつながります。
また、出産による骨盤のゆがみも軽減されるので産後の体型崩れも少なく、回復も早まる効果が期待できるがうれしいですよね。
特徴的なオリエンタルな音楽に合わせて色鮮やかなヒップスカーフを揺らしながら行うのでいつもとは違う気分も味わえてよいリフレッシュにもなります。

気負つけてほしいのは以下のです。

・体調の悪いときお腹に張りがあるときは控えてください
・激しい腰痛があるときは逆効果になることがあるので控えてください

安産ダンスとさえ言われるベリーダンスを取り入れてスタイルの良い妊婦さんを目指してみましょう。
マタニティ向けのダンスには他にもマタニティバレエなんていうのもありますよ。

いかがでしたか?
スポーツとは言うもののどれも妊婦さんに優しく妊婦さんのためを思って生まれたものばかりなので無理なく取り入れることができます。
腰痛、肩こり、手足のつり、イライラ、ストレス、体重管理…妊娠中の多様な悩みも体を動かしながら解消していきましょう。
なにより、筋肉が適度についていると脂肪の燃焼が高まります…産後のダイエットのためにも妊娠中からコツコツと積み重ねておきたいですよね。

番外編

楽して痩せたい方はお得な体験コースがたくさんのラ・パルレでの体験がおすすめ。30年の歴史に裏付けられる確かな品質。変な勧誘もありませんのでまずは一度行かれてはどうでしょうか?

こんな記事も読まれています