子育て支援センターってすごいんです!

1,712 views

子育て支援センターは、厚生労働省の通達「特別保育事業の実施について」に基づく市町村運営の施設です。
地域全体で子育てを支援する基盤の形成を図るため、子育て家庭の支援活動の企画、調整、実施を担当する職員を配置し、子育て家庭等に対する育児不安等についての相談指導、子育てサークル等への支援、地域の保育需要に応じた特別保育事業等の積極的な実施・普及促進及びベビーシッターなどの地域の保育資源の情報提供等、並びに家庭的保育を行う者への支援などを実施することにより、地域の子育て家庭に対する育児支援を行うことを目的とした施設です。

と、文字の羅列ではよくわかりかねますが、私のよく利用する子育て支援センターは「子供の無料室内遊び場」といった感じです。
最初のきっかけは、子供と2人の時間に耐えかねて…でした。最初、まだ3か月の娘はそこに行っても寝ているだけ状態で、遊具で遊ぶことはおろか、自分からおもちゃを触りに行くことも出来ませんでした。
それでも私が行き続けた理由は、常駐の保育士さん方、そこに子供を連れてくるママ達が「言葉の通じる大人」で、我が子を可愛いかどうかわからない時にその人たちが「この子はとっても可愛い存在なのよ」と教え続けてくれたからです。

私の通っている支援センターには様々なイベントがあり、これも無料で受けれるのです。
時には、離乳食に困っているといえば、急遽区役所から栄養士さんを呼んでの「離乳食講座」を開催してくれたりもありました。



毎月開催♪お誕生日会

子供の成長の記念日を、子育てという戦場を一緒に戦っている戦友たちと祝う会。

この誕生会で、「私やれたんだ。頑張ったよね。」と自画自賛しました。(笑)

サンタクロースさんもよいこのところ、頑張るママのところには来てくれます!

正直、クリスマス会レベル高かった!
参加者多数なのに、全員にプレゼントも。しかも、豪華プレゼントが当たったり!

それも嬉しいのですが、保育士の先生方がクリスマスらしい手作りの鈴をプレゼントしてくれ、娘が「人の気持ち」を沢山いただける幸せを感じました。

私は娘を放棄したいと考えたことがあるから、サンタクロースに会えないかな?と思っていたけど、ママは皆考える当たり前のこととゆうことで会えました!!

鬼は外!福は内!鬼さんだってやってきます!

日本の伝統行事もやっちゃいます!

・・・子供たちはぎゃん泣き・・・

でもね、大切なことなんだよ。

そして、子供たちよ!度胸もつけろぉ

えっ?ベビーマッサージも親子体操もおもちゃ作りも無料?!

そうなんです!

レッスンとして通うイメージが強いものも支援センターで開催してくださるんです!

これは子供との接し方のヒントになりました。

保育士の先生方も他のママも皆味方!

よくきくママ友の揉め事、0歳児のママはそんなことに気を留める余裕はありません。
自分にいっぱいいっぱい。(笑)
わからないことだらけだから、情報交換は必須!
皆味方です。

寝ているだけの赤ちゃんを連れて行く意味があるの?と思っているなら、赤ちゃんにとってはどうかはわかりません。ママにとっては孤独育児解消の場になることは間違いありません。

こんな記事も読まれています