専業主婦だからチャレンジ!在宅勤務あれこれ

1,600 views

結婚して、子供がまだ小さい、体調が良くないなどで、専業主婦として日々を過ごしている方も多いかと思います。

もし、通勤ラッシュなどがなくて、家でお仕事ができるとすれば、チャレンジしてみたいと思いませんか?

昔だったら、内職などで、少しのお金を稼ぐイメージがありましたが、インターネットの環境が良くなった現在、在宅でいろいろなお仕事ができるのをご存知ですか?

普段何気なく書いているブログを運営している会社が「クラウド・ワーキング」という形で就業体制を整えてくれて、報酬もクラウド上で支払ってくれる。こんな至れり尽くせりの体制があるんですよ!

これを活用して、お仕事を見つけて、ちょっとしたお小遣いを稼いでみませんか?



まずは会社を探してみる。

「在宅勤務 パソコン」で検索エンジンにかけてみましょう。
いろいろな会社が出てきてびっくりするかもしれません。
派遣会社、ブログの運営会社が主な所ですが、ブログのバナーで宣伝をしている場合もあります。
パソコンとインターネットの環境が充分整っていれば、全国どこにいてもお仕事ができる環境が整っていますよ。
在宅勤務だから、「ここでは働けない」というハンディは少ないと思った方がいいですね。
まずは、積極的に、自分に合った会社を探してみましょう。

自分の得意なお仕事を見つける

在宅ワークにはいろいろな種類があります。
データ入力、ライティング、ネーミング、ホームページ作成、グラフィックデザインなどがあります。
まずは、単価は安いけれど、「初心者歓迎」と書いてあるお仕事にエントリーする事をお奨めします。
前職がある場合は、前職を活かせるお仕事を選ぶと、お仕事がしやすいです。
データ入力は、根気が要りますが、初心者でも比較的お奨めできます。
ホームページ作成やグラフィックデザインの場合、パソコンの環境整備も必要になります。家のパソコンをどこまでアップグレードできるかを、家族で相談する必要があるでしょう。

自分を売り込む

会社を決めて、さあ、仕事を探します。
初めての場合は「初心者歓迎」の仕事を必ず選びます。
そして、クライアントに自分を売り込みます。
事務職しか経験がなくても大丈夫。
「事務職をしていたので、正確な入力には自信があります」
「事務職をしていたので、数字などの入力には自信があります」
など、アピールポイントはたくさん見つけられます。
ライティングのお仕事に応募する時には、
「ブログを書いています。読者が○○人います」というのもアピールポイントになります。積極的にアピールしましょう。
ホームページ作成の場合は、必ず自作のホームページのURLを貼るか、ファイルを添付して、自分のスキルを売り込みます。

お仕事をする。

お仕事が選考を経て無事に採用になりました。
お仕事の概要、マニュアルを熟読して、お仕事を始めます。
疑問が出たら、すぐにクライアントに連絡して疑問を解消させます。
質問は、自分が納得できるまで、何度でも行います。ここがオフィスで働くことと、在宅で働くことの違いです。
クライアントの意向に沿うように、きちんと仕事に取り組みましょう。
大事なのは「締切を厳守」する事。
どんな仕事でも、慣れるまでは時間がかかりますので、スケジュールは余裕を持って組みましょう。
締切日前日にお仕事を収めるように心がけましょう。

報酬を受け取る

仕事を無事に納品すると、早ければ当日、遅くとも翌日には報酬を受け取る事ができます。
多くの会社が、クラウド上の仮想口座に入金処理が行われています。
1000円を超えたら、希望の金融機関の本人名義の口座に振り込む処理をします。
金融機関への振込処理については、会社によって異なりますので、登録会社のホームページで、確認しましょう。
個人的感想ですが、仕事をする事によって、一日の過ごし方に張り合いが出て、楽しくなりました。
ぜひ、みなさまも登録する事をお奨めします!

こんな記事も読まれています