これから結婚式をするかた必見!結婚式場選びのポイント5つ。

2,155 views

人生一大イベントの結婚式!
そこには一つ目の難関が…
「会場選び」という名の壁にぶちあたります。コレ本当に意外と悩むものなのです。

「あそこの会場は◯◯が素敵!、でもあっち会場の◯◯も気になる…」

いろいろな会場を見れば見るほど「アレがいー、コレがいー」なんて悩むばかり。
全てが自分好みの理想の会場ってないのー⁇と頭を抱えてしまいます。

そこで、先輩花嫁さん達が「この式場に決めた!」ポイントを5つご紹介いたします!
どこを優先するかはあなた次第!



ポイント①【立地】

コレって意外と大事です。
自分好みの結婚式場が駅から遠く離れた山の中になんてあった日には…。

結婚式はゲストあってのものですから、どちらかというとおもてなしの心が大切になるのです。
そうなると遠方から来るゲストの事も考えて、車・電車・新幹線、アクセスしやすい立地が好まれます。周りに宿泊施設などがあれば尚良いでしょう。
また、自分達も打ち合わせなどで何度も足を運ぶ事になりますので、あまり遠いと何かと不便です。結婚式の打ち合わせって資料を持って行ったり、CDを持って行ったりと意外と荷物も多いのです。

立地を優先するとだいたいがその土地の繁華街の近くになるでしょうから、二次会・三次会などの移動も便利で幹事さんも助かる事間違いなしです。

ポイント②【チャペル】

こちらは好みの問題ですが…。
女性なら赤いカーペットのひかれた長ーい長ーいバージンロードを歩くのを一度は夢見た事があるのでは?

ですが今時はチャペルといっても何種類もあるのです。

・大聖堂でのチャペル。定番中の定番。窓ガラスはステンドグラスでパイプオルガンが響き渡る赤いカーペットの長い長いバージンロード。
・外式チャペル。室内ではなく式場の屋上やガーデンに作られたもの。小さな鐘を鳴らしたり、そのままフラワーシャワーやブーケトスができるのが人気。
・ロビーチャペル。ホテルのエントランスやロビーでチャペルをやってしまう個性的なチャペル。周りのお客さん全員がゲストになるので人とかぶりたくない方にはオススメです。
・今時のチャペル。最近の結婚式場のチャペルはガラス張りの所が多いのです。外からの自然の光が入るようなっており、ゲストが見えやすいようにと椅子もバージンロードの方向に向けてあったりします。

お父さんから旦那さんの元へと行くバージンロード。みなさんできるだけ長い距離を歩きたいようですね。

ポイント③【結婚式会場】

やっぱりシンデレラ城のような場所で披露宴するのが花嫁さんの憧れ?

・プール付きのゲストハウスが良い!
・螺旋階段から登場したい!
・日本人らしく和装で神社!
・アットホームにレストランで!
・やっぱり上質なサービスならホテルでしょ!

ゲストの人数やお家柄で変わってきそうですが…。
いろいろな演出を楽しみたいならゲストハウスが人気ですね。ただし会場によっては持ち込み禁止や全額前払い制などがあるので、こちらもシッカリと確認して後からあたふたする事のないようしてくださいね。

ポイント④【ウエディングドレス】

主役ですもの、1番大事⁈
多い人では3回お色直しをするケースもあるようです。
それなのに、いざ式場を決めたら気にいるドレスがなかった!持ち込み禁止で好きなドレスが着れなかった!なんてなってしまってはせっかくの結婚式も台無しに。
また「着てみたい!」と思ったドレスが意外と似合わなかったりサイズがなかったりすることも……。式場ばかりに気を取られているとこんな落とし穴もあるのです。

会場の下見の際にはドレスの種類を見せてもらったり、持ち込みできるか必ず確認しましょう!

一生に一度ですもの。とびきりお気に入りの一着と巡り会えますように!

ポイント⑤【費用】

コレは……言うまでもありません。全てはお金にかかってます。
結婚式はとにかく超〜お金がかかるのです!大袈裟にいうと箸が一本増えるだけで追加料金がかかるぐらい、とにかく金・金・金・金‼︎‼︎です。

お祝いごとなのでパァーっと盛大にやりたい!料理は一番良いやつ!ケーキは大きく!ピアノの生演奏をつけて、バルーンを飛ばして、なんてやっていたら、あっという間に目ん玉が飛び出る金額を提示されてしまいます。笑
それでも「あそこの式場は綺麗だけど費用が高いからあきらめよう…」なんて気持ちのまま妥協して結婚式をあげても後悔しそうですよね。
考え次第でベストな会場になることも。「あの式場よりも、こっちの式場はこの人数でこの費用で3つも演出が多くできる〜!」これが一番後悔しないで選ぶ方法かもしれません。

こんな記事も読まれています