気をつけよう!!婚活男子がやってしまいがちなNG行動5つ

1,447 views

一生懸命がんばっているのに、なぜか、うまくいかないと思っている婚活男子も多いはず・・・。

でも、実は、それは、婚活男子としての基本を知らないことが原因となっていることも多いのです。

まず、婚活をするにあたって、絶対、押さえておかないといけない基本をしっかりチェックしておきましょう。

婚活は、まず、ここから始まります。



その1.最初の面接では、まず、スーツもしくは、ジャケット着用で!!

婚活で最初の面接をするとき、意外と多いのが、カジュアルすぎる格好でやってくる男子。

これは、女性からすると、かなりのNGポイントになります。

女性は、まず、相手がいかに自分を大事にしてくれるかをチェックします。

ところが、カジュアルな格好で来られると「あ、この人、わたしとのこと、あんまり真剣に考えてくれていないんだわ」と思ってしまいます。

堅苦しく思われるのではないか・・・というのは杞憂で、スーツあるいは、ジャケットを着てきてくれると、「私のこと、大事に考えてくれているんだ」と女性は受け止めます。

それに、スーツは、男性を一番かっこよく見せてくれるファッションでもあるので、これを活用しない手はないのです。

その2.出かける前に、鼻毛チェックは怠りなく!!

意外と多い婚活女子からの苦情が、「会った男性の鼻から鼻毛が出ていた」というもの。

女性は、男性に、自分と会ってくれる前に、しっかり、身だしなみチェックをしてきてくれることを期待しています。

ということは、会う前に、鏡を見てから来てくれることを前提にしているわけです。

それが、最低限のマナー。

なのに、鼻毛を見つけた時点で、生理的に嫌な感じを受けるだけでなく、自分と会う前に、そういう気遣いをしていないとまで感じてしまうわけです。

女性に会う前は、かならず、鏡の前で笑顔を作り、鼻毛が出ていないかチェックしておきましょう。

3.最低限でも、最初の面接では、コーヒー代はおごろう!!

恋人同士であっても、デートのたびに、ちょっと気になるのが、食事代などを支払う割合。

これは、個人差があって、女性でも、男性側におごられたくないという人は、確かにいます。

でも、最初の面接は別!!

婚活で、最初に会ったときのコーヒー代くらいは、必ず、おごりましょう。

女性が「払います」と言ってきても、これは、一応、礼儀として言っているだけのこと。

かっこよく「いや、いいですから」と、さわやかに断りましょう。

4.相手の話も聞きつつ、自分の話もしよう。

婚活男子は、初めての面接で、がんばらなくてはと思うがために、自分の話ばかりしてしまうことが多いです。

気持ちはわかるのですが、女性からすると、一方的に話されても、意思の疎通ができている感じがしません。

一方で、逆に緊張のあまり、何も話せない男子もいます。

こういう場合は、まず、相手の話を受け止めてあげることを大事にしましょう。

誰でも、自分の話を聞いてもらえるのはうれしいもの。

男性側は、自分の話は、話のきっかけにするくらいにし、女性の話を聞いてあげると好感をもたれます。

5.別れたら、すぐにお礼のメールを送ろう!!

最初の面接が終わったら、1時間以内には、お礼のメールを送りましょう。

相手のことを気に入ったなら「また、お会いできたらうれしいです」と素直な自分の気持ちを伝えることが大事です。

もし、あまり、相手に気持ちが向かないようだったら、気を持たせないように、簡潔に3行くらいのお礼のメールを入れて終わりにしましょう。

これも、最低限の礼儀です。

婚活では、この最低限の礼儀を大事にすることが、まず、基本なのです。

こんな記事も読まれています