幸せな結婚と不幸な結婚の違いについて 幸せを掴む方法

2,421 views

幸せな結婚をして、誰も皆幸せになりたいはずなのに

どうして結婚後に幸せな結婚と不幸な結婚に分かれてしまうのでしょうか?

何か自分に重大な落ち度があったのか?

努力や見る目が足りなかったのか?

次こそ幸せな結婚をしたいと願う方もきっと多いはず。。。



不幸な結婚とは?

結婚してから「しまった!」「こんなはずではなかったのに!」ということがあります。
結婚するまでは必死に本性を隠す人がいるからです。
例えば、恋愛中は、いつもにこにこ優しくて自分のことを一番に考えてくれていた彼女が
結婚してしばらくすると、だんだん自分のことしか考えない人だとわかってきた。
優しさは、自分と結婚するための演技であったことに気が付いた時
彼の心は、彼女から徐々に離れて行きます。
そして、職場の優しい女性にだんだん惹かれていって、ついに不倫。
それを知った妻も妻子ある男性とダブル不倫。
最早夫婦の心も体もばらばら。

また別のケースでは、結婚前は「君のためなら命を投げ打っても構わない」とまで言っていた彼が
結婚したとたんに豹変。ぐーたらな上に冷たく、妻が病気や妊娠中具合が悪い時に外で毎晩飲み歩いたり
若い女の子とデートをしたりと、妻の気持ちを逆撫で、全く思いやることのない無神経な行動。
妻は、「結婚前はあんなにわたしのことを大切にしてくれたのに、どうしてこんなに変わってしまうの」と悲しみと怒りに震える。

これらは、実は、現実によくあることなのです。

どうして結婚後に変わってしまうのか?

結婚をして人生を共に歩んで行こう!
強く誓い合った二人なのに、どうして結婚したとたんに変わってしまうのでしょうか?
ひとつは、結婚と言うゴールに辿り着いた安心感もあるでしょう。
また、上でも述べたようにお相手に気に入られるために必死に自分の本性を隠していることもあるようです。
人間ですから、完璧な人は居ないにしても、それは酷過ぎるよね?ということもあります。
結婚したとたんに暴力的、支配的になる人も居ます。
妻や夫の全てを管理しようと縛りつけてしまうケースもあります。
付き合いが短かったり、あまりお相手のことを良く知らずに結婚してしまった場合こういうことも多々あるのです。
同棲は、した方がいいとわたしは考えています。
半年から1年くらいは、お相手と共に生活をすることで、いい面も悪い面も見ることが出来ますから。
わたしの友人は、1年では心配だからと言って2年同棲したのちに結婚しました。
優しく子煩悩な旦那さんで、結婚20年経ってもずっと幸せそうですよ。

反省や努力で再構築は出来ないのか?

夫婦仲が巧くいかないのは、努力が足りないからなのよ!
忍耐力が足りないから離婚なんてするんだわ!
そういう巷の声もよく耳にしますが、果たして本当にそうなのでしょうか?
もちろん、結婚も離婚もケースバイケースなので、ひとくくりには出来ませんが
離婚経験者からすると「努力ではどうにもならないこともある」と断言出来ます。
出来うる限りの努力もして、精神力いっぱいの忍耐もして、何度も再構築を図っても
まともな家庭を作ることが出来ないケースもあるのです。
わたしも体も心も崩壊寸前まで頑張りましたが無理でした。

最初から幸せな結婚をされた方は、きっとお互いに見る目もあって、運も良かったのではないでしょうか。
離婚している友だちも数人居ますが、みんなお相手の暴力やギャンブル女関係に苦労してきた人たちで
本人たちは、とても優しく思いやりのあるいい人たちなのです。
本人の落ち度というよりも一言で言えば「運が悪かったんだね」と言う感じです。

同じ失敗を繰り返したくない

一度離婚を経験すると、もう同じ失敗は繰り返したくないと言う気持ちが強くなります。
女性は、特にそうみたいです。
男性は、離婚をしても、結構早くまた結婚したいと思う方が多いそうです。
どちらにしても、次こそは、失敗しないように幸せな結婚がしたいと願うのは、同じだと思います。
女性の場合、お金や仕事女性関係にルーズな、いわゆるダメンズに引っかかりやすい人は、母性本能の強い優しい人が多いそうです。
つい困っている人や頼りない男性を支えてあげたいという思いになりやすいからだそうです。
ダメンズと言われるような男性でも、結婚までは、頑張って男らしさをアピールする人も居ますが
結婚後、男性がその女性の優しさに甘えて、まずますダメ人間になっていくという話しもよく聞きます。

失敗をしない方法としては、今までと全く違うタイプの人と付き合ってみることだそうです。
自然に惹かれてしまう好きなタイプとは違うのかもしれませんが、視野を広げるためにもまず友だちとして
そういうタイプの人と付き合ってみるのもありかもしれませんね。

幸せな結婚 

お互いを思いやることが出来、日々穏やかな気持ちで暮らせたら、それは、幸せな結婚と言えるのでしょう。
たとえ、喧嘩をするようなことがあっても、ちゃんと納得が行くまで話し合えるような夫婦なら大丈夫だと思います。
人生いつ何が起こるかわかりませんから、どんな試練や苦労も支え合い助け合って生きて行ける、そんな夫婦に憧れます。
一度結婚に失敗したからと言って次も失敗するわけではないと思います。
失敗を教訓にして、反省し、見る目を養って、二回目三回目の結婚で幸せを掴んだ方もいらっしゃいます。
たった一度の人生ですから、最後まで本当の幸せを掴むことを諦めないで生きて行きましょう!

こんな記事も読まれています



シェア