どうやって薬飲ませてる?子供が嫌がらない薬の飲ませ方

1,220 views

苦いお薬、子供は嫌がって飲んでくれませんよね。

飲ませる親のほうも大変で飲ませるだけで疲れてしまうってことがあります。

大人の薬と違って子供のお薬は多少、味やにおいが甘く作られていますが、やっぱり苦いものは苦い!!

イヤイヤする子供に上手に薬を飲ませる方法を教えちゃいます。



薬を飲ませる前にこれだけは気をつけて

・ミルクや母乳には混ぜないで

薬をミルクや母乳と混ぜて飲ませてしまうと、ミルクや母乳が嫌いになってしまいその後、飲んでくれなくなってしまいます。
同じ理由で、うどんやおかゆなどの主食にも混ぜないでくださいね。

・粉薬を溶かす場合は飲ませる直前に溶かしてね。

溶かしたらすぐに飲ませましょう。
時間が経つことで味が変化したり、薬の効き目が落ちる場合があります。

・泣いているときは無理に飲ませないでくださいね。

激しくないている乳幼児に無理に飲ませると、器官に入ることがあります。
そういう時は一旦休んで他の方法を考えましょう。

・粉薬によって混ぜるものを変えましょう。

薬の種類によっては混ぜると飲みやすくなるものと、苦味が強くなるものがあるので薬によって変えてみてくださいね。

薬を上手に飲ませるには

ペーストにして頬の内側に塗る

まず小さな容器に一回分の薬をすべて出してください。
そして水またはぬるま湯を少しずつ加えてください。
清潔な指でよく練り、ペースト状にして下さい。
水の量が多すぎるとトロトロになり塗り付けにくくなってしまうので、指の上にちょうどのるくらいがいいです。

練った粉薬を指ですくい取って、ほおの内側や上あごにすばやく塗りつけます。

そして水などを飲ませて口の中の薬をすべて飲み込ませてください。

それでも飲まない場合は

塗りつけようとしても嫌がってお口を開けてくれない、そんな時は好きな物に混ぜて飲ませてしまうのも手かもしれません。
ただし、混ぜてはいけないものもあるので混ぜる時には医師か薬剤師に相談してくださいね。

食べきれる量だけ取り分けてください。
赤ちゃんが食べきれない量に薬を混ぜてしまうと、残った分の薬が飲めていないことになってしまうので、いつも食べてる量だけ取り分けて薬を混ぜてください。

そしたらいつものおやつと同じで赤ちゃんに食べさせてください。
きれいに食べることが出来たら、ちゃんと薬を飲んだことになります。

その他の工夫

食後にお薬を飲ませようとしても、満腹になってしまい、飲まないことがあります。

医師に相談して、空腹時や授乳前に飲ませるのも一つの方法です。

特に子供の場合は、薬を飲ませることを考えてください。

そしてお薬を上手に飲めたら、褒めてあげてください。

単純なことですが、とっても大事なことですよ。

お薬の保管方法

粉薬の一番の敵は湿気です。

湿気が多いとすぐに固まったり、溶けたりしてしまいます。

薬箱かふたの閉まる空き缶などにいれて日の当たらない場所へ置きましょう。

また、病気が良くなったから、余ったお薬は何かあったときのために取っておこうというのはやめましょう。

特に子供の場合は、症状、子供の体重や成長度合いに合わせてお薬の量が決めてあるので、次の時には合わなくなっていることがほとんどです。

上の子の風邪の時にもらったお薬を、下の子が風邪ひいた時に飲ませてしまうのがいけないのも同じ理由です。

余った薬はもったいないですが、すぐに捨ててしまいましょう。

こんな記事も読まれています



シェア