結婚してからも語り継がれるプロポーズ。大規模なサプライズプロポーズを行う台湾のプロポーズ事情

2,622 views

プロポーズというのは、これから人生を共に歩む2人にとって忘れられない瞬間ですよね。

プロポーズは結婚してからも語り継がれる大事なイベントなので、思い出に残るものにしたいと考えている人は多いですね。そんな大切なプロポーズ。海外ではどのようにしているのでしょうか。日本人観光客も多い台湾のプロポーズ事情を追ってみました。



台湾のプロポーズって?

台湾の男性は、プロポーズは結婚してからも語り継がれる大事なイベントなので、思い出に残るものにしたいと考えている人が多いです。
また、本当に心から大切にする、という決意を友人にも知っておいて欲しくて、多数の人の前でプロポーズすることが多いようです。
彼女には内緒で友達と計画を立て、大規模なサプライズプロポーズを行うこともしばしば。

プロポーズ時のプレゼント

プロポーズの際には基本的にお花とダイヤモンドを贈ります。
けれども、ダイヤモンドは非常に高価な宝石なので、手が届かない人もいます。そういう場合は、模造品のダイヤを贈ることだってあるそうです。女性も贈られた指輪が本物かどうかより、相手の誠意を重視します。プロポーズはあくまで気持ちが大切な行為ですからね。
では、台湾では実際どのようなプロポーズをしているのでしょうか?

空港で客室乗務員に50人以上が仕掛けたミュージカル風プロポーズ

主役は、すみれ色の制服を着た台湾「チャイナ・エアライン」のキャビンアテンダント(CA)。
上海からのフライトが終わり、高雄国際空港に降り立ったち同僚と空港ロビーを歩いていると、突如としてABBAの楽曲『マンマミーア』が流れ、人々が踊り出したのです。
キャリーバッグを倒してしまって驚きを隠せない彼女。
その後花を手にした恋人が現れ、「僕と結婚してくれますか?」とプロポーズ。
答えはもちろん「イエス!」。
大きな拍手が起こり、仕掛け人だけでなく、彼女の同僚、たまたま居合わせた人全員を巻き込んでの超大規模プロポーズは大成功を収めたました。
選曲は2人が大好きだというミュージカル『マンマミーア!』から。そして、仕掛け人は友人50名以上、そして3カ月も前からこの日のために準備をしてきたそうで、2人はその3日後にめでたく入籍したそうです。

「媽媽咪亞,超感人機場求婚 Best Surprise Flash mob Proposal at Kaohsiung Airport」

通勤ラッシュ時の台北で・・・道路の真ん中でプロポーズ

朝の通勤ラッシュ時には何千台ものバイクでごった返し大混雑することで有名な「台北橋」のたもとのバイク専用道路に一人の男性の姿が。
横断歩道が青になると、彼は道路の真ん中で地面に膝をつき、向かい側から歩いてきた長年交際中の女性に花を捧げ、「親愛なるお嫁さん、楽しい時も苦しい時も、これからの未来をずっと共に過ごしていこう!」とプロポーズをしたのです。
赤信号で信号待ちをしていた100台近くのバイクが突然のプロポーズを目撃!
女性は突然の彼の行動に驚いたものの感激し、彼女は信号が赤へと変わる数秒前にプロポーズを承諾しました。

台湾のトップスター、ジェイ・チョウのプロポーズ

2015年1月に挙式を行った台湾のトップスター、ジェイ・チョウ(周杰倫)。
彼のプロポーズは仕事で彼女と一緒に訪れた英国で。
他の人も大勢いたなかミュージックビデオを撮影する時のように花火を用いてロマンチックなムードを演出し、ひざまずいてプロポーズをしたそうです。
彼女のハンナは花火にびっくりし、当時の雰囲気すべてが感動的だったと話しています。

こんな記事も読まれています