【海外サイト】春まで待てない!子供と楽しめるスプリングクラフトで春を呼んじゃおう!

2,663 views

春がもうすぐそこまで来てるのに、まだまだ、肌寒くて、公園遊びをする気にはなれないというこの季節。家の中で子供と一緒に何をしようか悩んだら、簡単工作を楽しむというのはどうでしょうか?カラフルなクラフトグッズでお部屋を飾ったら、春になった気分も倍増ですね。



ティッシュペーパーで桜の花

公園で枯れ枝を拾ってきたら、ピンク色のティッシュペーパーを小さく切って、クシュクシュとさせて、糸や細いワイヤーなどで留めてあげましょう。みるみるうちに、枯れ枝が桜の木に変身です。
お部屋の中で満開の桜がみれるなんて素敵ですね!

カラフル蝶々

キッチンペーパーやコーヒーフィルターのような、丈夫だけど水分を吸収してくれる素材。
丸くカットした後に、絵の具で好きなように色を付けていきます。春らしい暖かい色、柔らかいイメージの色を使うと良いと思います。
最後に、真ん中をくしゃくしゃっとギャザーを寄せて、モールで巻いてあげると、簡単に愛らしい蝶々さんの出来上がりです。糸を付けて、天井からぶら下げてみたり、窓ガラスに貼っても可愛いですね。

カラフル風車

正方形の紙から作る、簡単風車。折り紙を使っても作れますが、どうせなら、白い、ややしっかりした紙を用意して、お子さんと一緒にカラフルに塗ってみてはどうでしょうか。
最後に、四隅から中心に向けて、半分まで切り込みを入れて、四つの点をまとめて、真ん中にピンをさします。ストローなどにさしてあげると、くるくる上手に回りますよ。
思わずお散歩に行きたくなってしまいますね。

春の妖精の杖

鳥や蝶々やお花のモチーフと、カラフルなリボンと棒を一本。
棒の先に飾りを固定してあげたら、妖精さんの杖の出来上がりです。先に棒に色を塗ったり、リボンをまいたりしてカラフルにしてあげてもいいですね。女の子には大人気のアイテムです。
春の妖精になって、暖かい春を呼んじゃって下さい!!

タマゴの殻にお花を咲かせよう!

クラフトとは少し違いますが、お花の種を植えてみるというのはどうでしょうか。卵の殻を洗って乾かしたら、柔らかい土を詰めて、そっと種を植えてみて下さい。お子さんに毎朝お水をあげるという日課を与えてあげると、芽が出たときの感動は格別です。可愛いイラストで観察日記を付けてみてもいいですね。

こんな記事も読まれています



シェア