陣痛だけじゃないの?出産に伴う痛みのまとめ

2,136 views

出産の体験談を聞くと、多くは、陣痛が痛くて、とか、産むときが大変で、という話が多いですよね。「出産の後」について教えてくれる人は少ないのではないでしょうか。
でも、実は、赤ちゃんを生み落したあとも、まだまだ気は抜けないんですよ!

心配しすぎると精神的にも良くないので、どんな痛みがあるのか、今からイメージトレーニングをお勧めします!



まずは陣痛から

多くの場合は、陣痛から始まる出産。それはそれは痛いです。
生理痛を1000倍にしたぐらい痛いと言われます。
ただ、いきなり最大級に痛いわけではなく、軽い生理痛ぐらいから始まって、徐々に徐々に痛くなっていくという感じのようです。
そして、この痛みは、赤ちゃんが出てくる為に必要な子宮の収縮によるものなので、リラックスして迎えることが大事なんだとか。
赤ちゃんと一緒に頑張る気持ちで、乗り切りましょう!

産みの苦しみ

陣痛が進んでいくと、子宮口が開き、赤ちゃんが降りてきます。
よく一般には、鼻からスイカがでるような痛み、と言われますね。
鼻から、、、スイカ、、、、、はでませんよね。でも、無理やり押し出そうとしたら、かなりの痛みを伴います。それほど痛いということです。
是非、男性のみなさんにも想像してもらいたいと思います。

会陰切開

これは人によって切らなくて済む場合もあるようですが、多くの場合は、裂けるのを防ぐために切開するのが一般的なようです。ハサミで切開した後と、裂けた後では、傷口の治りも綺麗さもかなり違うからだということです。妊娠中から、会陰マッサージをするなどして柔らかくしておくと、切らなくても、赤ちゃんがうまく生まれてくれるようなので、切りたくない場合は、妊娠中から頑張ってみると良いと思います。
また、切開した後の傷は2,3日間痛く、3,4週間ほど痒いと言われます。しばらくは普通に座ることもできなくて、円座クッションが手放せないということもあるようです。

後陣痛

無事に赤ちゃんが出てきて、ほっとしていると、やってくるのが後陣痛です。
胎盤を出すためと、子宮がもとの大きさに戻ろうとして収縮する為の痛みです。
これは、人によっては感じなかったという人もいれば、本陣痛より痛かったという人もいます。一般的には、一人目よりは二人目、二人目よりは三人目の出産の時の方が痛いようです。子宮の戻りが早いせいなんだとか。
さらには、授乳によって痛みが増すようです。腰の辺りを温めたりすると痛みが和らぐようですが、あまりひどいと痛みどめを処方してもらえるようなので、産科のお医者さんに相談すると良いと思います。

乳房の痛み

これは直接出産とは関係ないのですが、出産後、母乳が作られるようになると、この痛みが出てきます。
赤ちゃんの飲む量に対して、母乳が多く作られすぎると、乳房が張ります。もう、コチコチに張ります。そして熱を帯びます。これだけでもかなり痛いです。さらに、コチコチにしておくわけにいかないので、余分な母乳を絞り出さなければなりません。これがまた痛いです。自分で絞るので、本当に苦痛で仕方なかったのを覚えています。
そして、授乳を繰り返すうちに、乳首が裂傷のようになって、痛むようになります。これもかなり痛かったです。赤ちゃんが乳首に吸い付く瞬間、ぐっと息を止めてしまうほど痛くて、後半は授乳自体が苦痛になったりもしました。
乳首を保護するパッドも売られていますが、私の場合は、さほど効果がなかったです。
これも、生まれる前から乳首をマッサージしたりして、強くしておくことができるようなので、これから出産を控えているママには是非お勧めします。

こんな記事も読まれています



シェア