結婚式のお呼ばれスタイル、男性のスーツや小物あれこれ

3,133 views

結婚披露宴に参列するゲストは、女性だけでなく男性も新郎新婦より控えめな服装であることが大前提のマナーです。
場に合ったスーツやネクタイを選ぶのはもちろんのこと、それにちょっとのポイントをプラスして、控えめでもビシッと決まるオシャレなお呼ばれスタイルを目指してみましょう☆



スーツの選び方

正式な装いは、昼間ならモーニング、夜ならタキシードとなります。
しかし余程格式高い披露宴出ない限り、ダークスーツ等シックな色合いの礼服であれば昼夜どちらでも大丈夫です。
無地の物が好ましいですが、シャドウストライプくらいなら入っていても問題ありません。

間違いないのが冠婚葬祭用のフォーマルスーツ。
これがあればどの場面であっても着回しが可能なので、1着は持っておきたいスーツとなります。
ボタンはシングルでもダブルでもお好みの方を選んで大丈夫ですが、パンツの裾はシングルを選ぶのがフォーマルの基本となります。

シャツの選び方

圧倒的に多いのは白い無地のシャツとなります。

アイロンできちんとプレスされているものであれば、普段ビジネス用として使用しているシャツでOK。
柄が入っているものを選びたい場合は、近づいて見て分かるくらいのうっすらとしたものを選びましょう。

カラーシャツや華美な柄が入っているシャツは、二次会や「平服で」となっているカジュアルな式の場で。
その場合も、参加するゲストの年齢層を考えてどの程度にするか決めた方が良さそうです。

ネクタイの選び方

無難なのは光沢ある白かシルバーグレーのネクタイとなります。

友人の結婚式であれば、柄や色つきのネクタイでも大丈夫です。
柄付きネクタイのときは、黒がベースになっているものは避けましょう。

ネクタイじゃ無難すぎる…そんなときにはアスコットタイがお勧めです。
周りとちょっと違うさり気ないお洒落を演出してくれるアイテムとなります。

靴の選び方

黒の革靴の中でも紐靴がフォーマルなものになります。
トゥに横一文字の切り替えが入ったストレートチップやプレーントゥがフォーマル度が高いです。
ローファーは快適性を重視した普段使いのシューズになるので、選ばないように注意しましょう。
また靴底もゴムではなく革製のものを、もしくは一見してゴムと分からないものを選ぶようにしましょう。

エナメル加工された革靴ならより一層華やかな足元になります。
靴も全体のスタイルを締める重要なアイテムです。
当日はピカピカに磨き上げましょう!

ワンポイントのお洒落を☆小物の選び方

場に相応しい格好をするのはもちろんですが、それだけではちょっとつまらない。
そんな時にはワンポイントを取り入れて、フォーマルながらもお洒落な装いにしていきましょう☆

絹のポケットチーフはパッと胸元を華やかにしてくれます。
ダークスーツを着用の際には、ネクタイと同色のチーフを選びましょう。

カフスもお勧めのポイントアイテムです。
手を伸ばしたときに、ジャケットの袖口から覗くカフスはさり気ないお洒落を演出してくれます。

この他二次会等であれば、ラペルピン等で胸元を飾るのも華やかな印象になります。

いずれにしても、あまりに華美過ぎると周りから浮いてしまうもの。
個性は出しつつも、結婚式に参列するゲストととしてマナーある服装にしましょう。

こんな記事も読まれています