あわてなくても大丈夫!突然起こる破水に備える5ポイント

6,609 views

お産が近づくといろいろと心配なことが増えますよね。その中でも起こるとびっくりすることの一つが破水です。実は様々な種類がある破水、しっかり知って心と体の準備をしておきましょう。



1 まず「破水」を知りましょう

破水にはいろいろな種類があります。

まず、破水とは赤ちゃんと羊水を包んでいる卵膜が何らかの原因で破れて、羊水が出てくることです。通常は出産中に起こり子宮口が全開大になった頃自然に破水しますが、中には陣痛前や出産前に破水する人もいます。

□ 適時破水:通常の分娩で起こる破水
□ 早期破水:陣痛が始まってから子宮口が全開大になる前に破水すること
□ 前期破水:分娩が開始する前に破水すること
□ 完全破水:子宮口に近い場所で卵膜が破れること。大量の羊水が出ます
□ 高位破水:子宮口から遠い場所で卵膜が破れること。出てくる羊水の量が少ないので尿漏れか破水か判断に迷うこともあります。
□ 人工破水(人工破膜):分娩時出産を促すために人工的に卵膜を破って破水させることです。

2 早期破水とは?

子宮口が全開大になるころに起こるのが通常の破水なのですが、中には陣痛が始まってまだ間もないうちに破水してしまう場合があります。
すでに病院にいる場合は医師や看護師さんに連絡しましょう。陣痛が不規則だったり微弱だったりして家にいる場合はすぐに病院に連絡して向かいましょう。その場合は陣痛が起こっていることと破水していることを必ず告げてくださいね。

3 前期破水とは?

前期破水は陣痛がまだ起こっていない段階で卵膜が破れて羊水が子宮外に出ることです。
「絨毛炎羊膜炎(卵膜が細菌感染することでおこる炎症性疾患)」の有無、妊娠37週未満で起こった場合と37週以降で起こった場合とで病院の対応が異なります。

◇妊娠37週以降で起こった場合

正産期での破水です。

一般的には24時間以内に陣痛が始まることが多いようです。感染予防のため抗生物質を投与され、陣痛を待ちます。場合によっては分娩を誘発したり帝王切開になったりすることもあります。ただし、絨毛炎羊膜炎がある場合は24時間以内に赤ちゃんを子宮外に出すので分娩誘発・帝王切開を行います。

◇妊娠37週未満で起こった場合

<絨毛炎羊膜炎がない場合>

34週以降の場合赤ちゃんは自発的に呼吸することができますので陣痛を待って出産になることが多いです。分娩誘発や帝王切開のケースもあります。34週未満だと赤ちゃんの肺が未成熟のためお母さんに子宮収縮抑制剤や抗菌剤などを投与して妊娠を継続させます。早期分娩になるケースもあり、その場合赤ちゃんはNICUなどで管理・治療を受けることになります。

<絨毛炎羊膜炎がある場合>

感染の影響が大きいので24時間以内に分娩が行われます。ただ26週未満での出産は赤ちゃんにとってダメージが大きいのでそれぞれのケースで検討されます。

http://www.dear-mom.net/ninshin0818.html

4 破水への準備をしておきましょう

破水はいつ起こるか分かりませんし、起こったら即入院になります。ですから、通常のお産入院準備は早めにしておくとよいです。
妊娠8か月くらいから準備をするのが理想ですが、実際そんなに早くはできない方も多いと思います。そんな時は「非常持ち出し袋」として以下のような最低限必要なものをまとめて、玄関や自分のいる場所の近くに置いておきましょう。

□ 母子手帳
□ 自分の保険証・病院のカード
□ バスタオル・タオル
□ 前開きパジャマ
□ 産褥ショーツ
□ 破水したとき用の清潔なナプキン・バスタオル(あれば防水シート)
□ その他自分が必要だと思うもの(使い捨てコンタクトやペットボトルストロー、スキンケアなど)

また、破水は家族がいるときに起こるとは限りません。タクシー会社によっては母体保護の観点から断ることがあります。ですから事前に陣痛時・破水時でも利用してよいか確認しておき、一人でいるときでも迅速に病院に行けるようにすることをオススメします。

5 破水が起こったら

◇完全破水の場合

生ぬるい液体がドバーッと出るので分かりやすいです。清潔な夜用ナプキンか産褥シートをつけ(量によっては間に合わないこともあるので、その場合はバスタオルを併用するとよいです)、すぐ病院に連絡して向かいましょう。

◇高位破水の場合

尿漏れか破水か判断がつかないような少量の液体が出ます。

・力を入れなくても液体が出てくる
・体勢を変えるたびに液体が出ている気がする
・出ている液体から生臭い匂いがする

以上に当てはまったら破水の可能性があります。
早急に病院に連絡して破水かどうかの確認をしてもらってください。破水の状態は人それぞれで全く匂いのしない人もいます。ほっておくと赤ちゃんが重篤な感染症にかかる可能性が高くになりますので心配な場合は確認してもらうとよいと思います。

また、完全破水・高位破水どちらの場合でも匂うからとお風呂やシャワーをしたり、焦ってバタバタと動き回ったりしてはいけません。落ち着いて病院に連絡して向かいましょう。

適時破水以外の破水が起こる可能性は全出産の10~20パーセント程度と言われています。実はそれほど珍しいことではありませんし、たくさんの妊婦さんが経験しています。もしそうなっても良いように持ち物と心の準備をしながら妊娠生活を楽しんでくださいね。

こんな記事も読まれています