こどものバースデーフォトをおしゃれに!簡単手作りアイテム4選

75 views

1歳・2歳・3歳…いくつになっても子供の誕生日は特別であり、大切な日ですよね。そんな大切な誕生日、記念に残る写真を撮りたい!と思う方は多いのでは?せっかく写真を撮るならおしゃれに可愛く撮りたいですよね♪

自宅でのバースデーフォトをおしゃれに撮るためのアイテムの作り方をご紹介します。お子様がお手伝いできる年齢であればぜひ一緒につくってみてください♪

ウールレター

ウールレターとは、毛糸(ウール)で文字をつくるフランス発のアイテムです。文字以外でも、図柄や記号など何でもつくれます♪バースデーフォト以外にも日常のインテイリアの一部として飾ることもできます。

≪準備するもの≫
・毛糸(お好きな色)
・ワイヤー
・ペンチ

≪ウールレターの作り方≫
1.ワイヤーで文字を作成
「HAPPY BIRTHDAY」と紙に文字を書きます(パソコンに記入して印刷をしてもOK)。紙の文字に沿って、ワイヤーをペンチなどで文字通りに曲げていきます。細めのワイヤーなら指でも曲げられます。
※お子様がワイヤーを触る際は目を離さない様、お気を付けください。
2.毛糸を巻く
ワイヤーで形が出来たら、好きな色の毛糸(ウール)を端から巻いていきます。
3.接着剤をつける
巻きはじめと終わりに接着剤をつければ完成です!

フェルト王冠(クラウン)

フェルト王冠(クラウン)とはその名の通り、フェルトでつくった王冠(クラウン)のこと。フェルト素材なので1歳2歳の赤ちゃんにも安心して被せることができます。フェルト独特の柔らかい質感がバースデーフォトに温かみを出し、優しい印象の写真を撮ることができます。

≪準備するもの≫
・フェルト(お好きな色)
・針
・糸
・布切りハサミ

≪フェルト王冠(クラウン)の作り方≫
1.採寸
お子様の頭のサイズを測り、その長さに合わせてフェルトを長方形になるように切ります。
2.形をつくる
長方形の上部分をギザギザに切っていきます。鋭い三角でも少し丸みを帯びた三角でもどちらでもOK!
3.丸めて完成!
端と端を糸で縫い付けたら完成です!

これだけだと少し寂しいな、と思う場合はギザギザの上にボンボンを縫ったり、王冠(クラウン)の中央に「1」など、誕生日の数字を別のフェルトでつくり縫い付けたりすれば、より華やかになります♪

コンフェッティバルーン

コンフェッティバルーンとは、紙ふぶき入りの風船のことで、海外のホームパーティーで定番のアイテムです。カラフルな紙ふぶきを入れれば写真映えもするし、部屋全体もパーティー感が出るのでおすすめです!

≪準備するもの≫
・包装紙やフラワーペーパーなど紙ふぶきになりそうなもの
・ハサミ
・透明色の風船
・ヘリウムガス

≪コンフェッティバルーンの作り方≫
1.紙ふぶきを作成
包装紙やフラワーペーパーなどを風船に入るサイズ内でハートや星型など、好きな形に切っていきます。
2.風船に紙ふぶきを入れる
作った紙ふぶきを丸め、風船に入れていきます。風船に入れる量は「ぎっしり詰まってきたかな?」くらいがちょうど良いです。
3.風船を膨らまして出来上がり!
ヘリウムガスを入れて結んだら出来上がりです♪

風船をリボンやスティックに付ければさらにおしゃれに可愛くなります。

フラッグガーランド

フラッグガーランドとは、三角旗が連なった飾りのことでパーティーの装飾としてよく使われているものです。壁に付けたり窓に付けたりすることで部屋全体が華やかになります。

≪準備するもの≫
・画用紙または折り紙
・のり
・ひも

≪フラッグガーランドの作り方≫
1.画用紙(または折り紙)を折り、三角形を作ります。画用紙が長方形の場合は折る前に正方形にしておきましょう。
2.三角形の中心線に合わせて両端を折ります。すると三角形が3つできるので、その折り目に沿って切ります。ガーランドとして使用するのは真ん中の三角形です。
3.折り目の部分に紐を通し、のりで貼り付けます。好きな枚数を切り、繋げていけばガーランドの出来上がり!

最後に・・

いかがでしたか?ご紹介した4つのアイテムの材料は大体100円均一で揃うので安価で簡単につくることができます♪
他にも、マスキングテープで壁に文字や絵を描いたり、風船をたくさん膨らませて床に敷いたりしても素敵な写真を撮ることが出来ます。
ぜひ、大切なお子様の大切な記念日にお試しください♪

こんな記事も読まれています