人には言えない恥ずかしい悩み・・・妊娠中の便秘解消法

273 views

妊娠中ってホルモンのバランスも大きく変化するので、次から次へと身体に困った悩みが生じるもの。
その1つが「便秘」です。
きっと妊婦さんの多くはぶつかるであろう「便秘」の悩みですが、なかなか人には相談しにくい内容ですよね。
ここでは、妊娠中に便秘になりやすい理由やその解消方法についてご紹介したいと思います。


1.原因はホルモンと大きくなる子宮にあり!

妊娠時期によっても、便秘の理由は異なるようですね。
妊娠初期に見られる便秘の理由は、主にホルモンが原因のようです。
妊娠を継続する為に体内で分泌される「プロゲステロン」と呼ばれる女性ホルモンの影響により、胃や腸の筋肉が弛緩してしまい、上手く便を外に排出する事ができなくなるのです。
次に、妊娠中期~後期に見られる便秘の理由は、大きくなる子宮による大腸の圧迫。
この結果、大腸内で便が進みにくくなり、通常よりも多くの水分が体内に吸収された結果、便が固くなってしまい、より一層体外への排出が困難となってしまうのです。
普段でいあれば、便秘解消薬等を利用する事も可能ですが、胎児への影響が気になる妊娠中は、それも避けたいですよね。
そこで、次からは薬を使用せずに便秘を解消する方法をご紹介したいと思います。

https://www.amoma.jp/column/maternity/trouble/19367.html

2.運動を取り入れる

もし、あなたがインドア派の方や、運動から遠くかけ離れた生活を送っているのであれば、これを機会に運動を日々の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?
決して本格的なスポーツや激しい運動をする必要はなく、ウォーキングや水泳などでOK。
大体、1回に20~30分の運動を週に2~3回行うのが、理想的なようですね。
適度に体を動かす運動は、健康的な妊娠状態を維持するにも良いとされているので、是非今日からでも始めてみましょう!

http://americanpregnancy.org/pregnancy-health/constipation-during-pregnancy/

3.スイカの種が便秘解消に効く!?

スイカの種って、皆さん捨てていませんか?
実は、スイカの種は栄養豊富で、便秘解消にもとっても効果のある優秀な食べ物なんですよ。
スイカを食べた際に出たスイカの種は、炒ってそのままポリポリとカボチャやひまわりの種のように食べても、美味しくておすすめですよ。
また、スイカの種を水で茹でて、スイカの種のお茶を作っていただくだけでも、便秘解消に効果あり。
スイカの種は決して捨てず、積極的に摂取して便秘知らずの体をゲットしましょうね。

http://naturalsociety.com/5-natural-ways-treat-constipation-pregnancy/

4.マグネシウムで便をやわらかくする!

妊婦さんの健康維持にも大切なミネラルの1つであるマグネシウムは、便秘の際にも大きな力を発揮するお助け成分。
マグネシウムは摂取する事により、大腸内の浸透圧が高くなるため、便からの水分の吸収量が減るんです。
そのため、特に妊娠中期~後期において便秘症状に悩まされている方におすすめの方法と言えそうですね。
食事で十分に摂取ができない場合には、サプリメントに助けてもらっても良いと思いますよ。

http://benpi.xn--y8j595gj7boy4bj4mcww.com/seibunn/maguneshiumu/

5.ヨガのポーズで気持ち良く、そして快便に!

自宅ですぐにでも取り入れられる、便秘に効くヨガのポーズは「胎児のポーズ」。
仰向けになり、両膝を抱えて、自分の臍を見るように頭を上げます。
この姿勢を30秒ほどキープした状態で、深く呼吸をしてみたり、余裕があれば1分ほどユラユラと揺れてみましょう。
ヨガのポーズは、便秘解消だけでなく精神を落ち着かせてくれるので、情緒不安定になりがちな妊娠時期にはおすすめですよ。

http://naturalsociety.com/5-natural-ways-treat-constipation-pregnancy/

こんな記事も読まれています