既婚者先輩に聞いてみた!結婚式にしたなあと思う瞬間とは?

612 views

現在婚約中の方や恋人とお付き合い中の方、結婚ってこれまでのお付き合いの関係と一体何が変わるの?って思ったことありませんか?
もし、現在既に彼と一緒に暮らしている方だとしたら、余計にそう感じちゃいますよね。
そこで、ここでは既婚者先輩に聞いた、「あぁ、結婚したんだなぁ・・・」としみじみと感じる瞬間についてご紹介したいと思います。
是非参考にして、近い将来の結婚後の彼との生活を想像してみてくださいね。


1.彼の名字で呼ばれる!

特に職場でこれまで自分の名字で呼ばれていた方は、この意見を持っている方が多いようですね。
結婚して間もない間って、なかなか新しい名字で呼ばれる事に慣れないものです。
結婚の報告を正式にしてから、職場でも正式に彼の名字で呼ばれて、照れくさいような恥ずかしいようなこそばゆい気持ちで返事をした瞬間、「私、結婚したんだなぁ」って思うようですね。
また、女性の場合は結婚すると銀行通帳や免許証などの名義変更の手続きが必要となります。これがなかなか大変なんですよね。
たくさんの書類に彼の名字が頭についた自分の名前を書きながら、結婚したことを実感する方も多いと思いますよ。

http://www.news-postseven.com/archives/20130826_207615.html

2.「奥さん」と呼ばれたり「主人」と呼ぶ

これまでは、パートナーから「俺の彼女が・・・」と言われてきて、あなたも「彼がね・・・」なんて話していたけど、「俺の嫁が・・・」、「私の夫(主人)が・・・」なんて変わるんですよね。
自分で言いながら、「あぁ、結婚したんだなぁ」って思う瞬間ですよね。
また、ご近所の人やパートナーの知人からも「奥さん」と呼ばれた時、しみじみと自分が誰かのお嫁さんになったことを実感するものです。
上記でも挙げたように、呼ばれ方で結婚した事を実感する方って多いようですね。

http://www.mwed.jp/jyuku/comment85_22266_45/

3.パートナーの実家に帰省する時

独身時代は、お盆やお正月も特に関係なく旅行や彼と過ごしたり、自分の実家に帰ったりしていた方。
結婚して、誰かの嫁になると、嫁いだ先の家にもよりますが、大概の場合、パートナーの実家へ行くとイベントが発生します。
義両親と円満な関係を築いている方にとってもそうでない方にとっても、やっぱり義両親の家に訪れる事って気を使うものですよね。
若干これまでのように自由な休日の過ごし方ができなくなる窮屈感はありますが、このような瞬間に「私って結婚したんだなぁ」って改めて実感するのかもしれませんね。

http://vanillafudge.jp/discussion/2010/1220/

4.年賀状を書く時

独身時代は、HAPPY NEY YEARのメールやメッセージだけのやり取りだった方も、結婚を期にパートナーと連名で、友人や親族、親戚等に年賀状を出し始める方が多いようでね。
結婚式を行う際の招待状発送時に、友人や親族等の住所や連絡先を入手する機会があるのも1つかもしれませんね。
また、結婚一年目の方は、結婚式に招待できなかった人達に結婚の報告も兼ねて、年賀状を出すなんて人も多いようです。
そうやって、彼と連名の年賀状を書いている時に「結婚したんだな」と実感するんでしょうね。

http://vanillafudge.jp/discussion/2010/1220/

5.新婚さんいらっしゃい

長寿番組の「新婚さんいらっしゃい」。
見た事がなくても、ほとんどの人は番組名は聞いたことがある暗い有名ですよね。
結婚すると、よその夫婦の事も気になるものです。
これまで興味がなかった方も気になって見てみたり、パートナーと「出演してみる?」なんて冗談まじりで話す時に「自分も結婚したんだ!」とちょっとユニークな瞬間に実感する方もいるようですね。

http://www.news-postseven.com/archives/20130826_207615.html