知ってて損はない妊娠から出産までの費用

711 views

妊娠から出産までの費用がいったいいくら掛かるのか?不安に思っているママさんはいませんか?大体の費用を把握していないと産婦人科に行くのもちょっと怖いですよね。また出産までの間に貯金もいくらしておけば安心なのかも分からないとやはり不安ですよね。ここでは妊娠から出産までにいくら費用が掛かるのか項目別にまとめてみました。

妊娠検査

妊娠したかな?と思ったらまず最初に産婦人科を訪れ検査するのが妊娠検査です。尿検査や超音波検査などで妊娠の有無を調べます。この検査は保険適用外なので、支払うときの金額にちょっとびっくりすると思いますが費用は産婦人科によって多少の誤差はありますが大体5000円から10000円が平均の金額だそうです。

定期健診

妊娠検査の後に出産まで行くようになるのが定期健診です。定期健診は出産までに行く回数は合計で14回から16回。この定期健診は多くの自治体が助成金を出しており母子手帳を交付されるときに補助券なるものも一緒に交付されるので、この補助券を提出すれば公費で支払われますが助成の回数や内容や金額については各自治体によって異なりますので要確認です。また基本的な検診のみに助成されるものなので何か薬が処方された場合には薬代は自己負担になります。

マタニティー用品

妊婦さんの時期だけにしか使わないものなので、多くのママたちは丈が長くお腹が隠れるようなチュニックやワンピースなど妊娠前から持っている洋服で上手に着回ししているママが多いようです。また妊婦さん用の下着類は期間限定とは言え購入しないといけないので、お洋服を何とか買わずに下着類や必要なもののみ購入すると節約にも繋がりますね。

ベビー用品

買ったけど結局あまり使わずに終わってしまった!と言うのが一番多いのが実はベビー用品なのです。高額で使うかどうか分からないものに関しては先輩ママに聞いてみたり実際使用してみて決めたい方はレンタルをお勧めします。特にベビーベッドなどは場所もとる他、処分するにも費用が掛かるので購入する前にレンタルすることはお勧めです!色々とリサーチして無駄のないお買い物をしてくださいね!

出産費用

出産費用は産婦人科によって大きく異なりますが大体40万円から100万円とされています。健康保険に加入していると42万円の出産育児一時金が病院に直接支払われるので差額だけを支払うことになります。何事もなく出産出来れば実質的な出費は少ないのですが、切迫流産や切迫早産また重度のつわりなどで入院などをすることになった場合には自己負担になるので急な出費にも備えて押さえられる所は押さえて貯金しておくことも大切ですね!