子育てに疲れたときにやってみてほしいこと5選

1,170 views

子供は愛らしくて可愛いですし、子育てをしていると本当に楽しいこともたくさんありますが、時にとっても疲れてしまうことや嫌になって投げ出したくなってしまうこともありますよね。

そんな、ちょっとお疲れ気味なママにやってみてほしいことを5つご紹介します。

古くからの友達ととことん話す

自分のことを良くわかってくれる古くからの友達に会いましょう。
子供を生む前からの友達なので、自分の素の部分をよく理解してくれているはずです。
なので、ちょっとした愚痴も話しやすいですし、どうでも良いようなことで大笑い出来たりするとストレスも解消されるに違いありません!!

子ども達を預けて一人でお出かけ

たまには子ども達をパパや祖父母に預けて、一人でのんびりお出かけしてみませんか?
日本では、ママが育児をするもので、ママの自由の為に誰かに子供を預けることはよろしくないというような風潮があるようです。
しかし、全く預けることもなく育児に対してイライラが募ってしまったらもっと良くないことであるとは思いませんか?
ママだって一人の人間です、ゆっくり自分の時間を持って好きなことをする時間を作りましょうね。

子ども達が寝静まった後にのんびり音楽鑑賞

子ども達が寝静まった後ってママにとっては至福の時ですよね。
そんな時は更にリラックスするためにも大好きな曲をのんびり聴いてみてください!!
ママって意外と音楽を聴く時間がないんです。
聴いたとしても、子どもの好きな曲ばかりだったりしませんか?
昔よく聴いていた曲や、大好きなアーティストの曲を気分に合わせて聴いてリラックスタイムを過ごしてみて下さい。

ママ友と共通の悩みを相談し合う

古くからのママもとても大事ですが、何と言っても子育てを通して出来たママ友は最強の理解者ですよね。
特に月齢が近い子どもを持つママ友だと、育児に関する悩みが同じであったり、喜びところが似ていたりと、様々な経験を共有するうちに戦友のような存在になっていくと思います。
そんな心強い存在であるママ友とことん共通の悩みを相談し合いましょう。
き解決の糸口が見つかるかもしれませんし、気持ちを共有してもらえるだけでも気分が楽になるかもしれません。

旦那さんに甘えてみる

やはりパパだって子どもたちの親です。
普段お仕事で家にいなかったとしても、子ども達やママの一番の理解者はパパですよね。
育児に疲れてしまったときは、そんな想いを素直にパパに伝えて甘えてみてはいかがですか?
きっと大きな心で受け止めてくれるはずです。
頼もしいパパなら、疲れているママを見て、子ども達を一日一人で見てくれるなんてこともあるかも?!
是非、強がらずに甘えてみてくださいね。

こんな記事も読まれています