陣痛がくるジンクス5選。早く会いたい!

1,398 views

予定日がどんどん近づいてくると、ワクワクドキドキ・・なんともいえない気持ちになりますよね。 どんな顔かな?どんな泣き声かな?早く会いたい! よく知られている、陣痛が来るかも?のオススメ5選をご紹介します。

ウォーキング、階段昇降

こちらは病院でも言われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
私は切迫で安静が解除された途端、いっぱい歩いてね~と言われました。
階段だけでなく、踏み台昇降でも大丈夫だそうですよ。
臨月の適度な運動は子宮口を開きやすくし、股関節を柔らかくする効果があるようです。
立って運動すると重力で赤ちゃんも下がってきそうな気もしますね。
臨月ともなると、お腹もよく張るので無理のない程度に試してみてください!

雑巾がけ

トイレや床を掃除すると美人、美男が生まれるなんて言われることもありますよね。
大きなお腹を支えるのに後方に重心がある妊婦は、ずっと背骨や腰部に圧力がかかっている状態です。
それを緩和するのに四つん這いの姿勢がいいのと、こちらも適度な運動が陣痛につながるようです。
産まれたら掃除なんてしてる暇もないので、出産前に家中をピカピカにして赤ちゃんをお迎えするのもいいですね☆

オロナミンC

私も試してみましたが、とくに効果はありませんでした~。
調べてみると医学的な根拠もないみたいですね。
冷たい飲み物でお腹がきゅ~っとするので、子宮が収縮され陣痛へ、となることもあるのかも?しれませんね。

焼肉

これも試しました。
こちらもとくに効果は感じられませんでした・・。
焼肉でこれから迎える出産、育児のスタミナをつけるというのがあるとか、ないとか。
レバーで鉄分、ニンニクで精力もついて、確かに焼肉を食べると元気が出る気がします!

満月

月の満ち欠けのサイクルが生理周期と同じ約28日ということから関係があるとか言われていますが、医学的な根拠はないそうです。
昔から、月の満ち欠けと潮の満ち引きに合わせて陣痛が強くなると言われ、それが満月と新月の時なのだとされていたようです。
また、満月の明るさに導かれて赤ちゃんが出ようとする、という話もありました。
昔は電気もないし、月明かりで生活していた中で満月の明るさは特別だったんでしょうね。
ちなみに、満月や新月のお産は本当に多いんだそうですよ☆
解明されていませんが、人と月にはなにか関係があるのかもしれませんね!

陣痛ジンクス、いかがでしたか?
赤ちゃんがこの世に生まれる準備が整った時が陣痛の時です。
陣痛ジンクスを試しながら、焦らず赤ちゃんのタイミングを待ちましょう☆

こんな記事も読まれています