手作りウエディングアイテム5選★

3,507 views
http://pinkapple.jp/?pid=10662681

一生に一度の結婚式だからこそこだわりたい!と手作りを考えている人も多いのでは?ウェルカムボードの手作りやウェルカムベアの手作りは最近よく見かけますね。ここではウェルカムボードやウェルカムベア以外の手作りできる小物を5つ紹介したいと思います。



1 結婚証明書

 チャペル式、人前式には必要になってくる結婚証明書。購入すると5000円~のお値段がしますね。ですが実際使う時間は10分未満。しかも台の上に広げて置いてありますし、見せるのも内側&ゲストからも遠いので細かいところまではわかりません。

 結婚証明書の内容の手作りはよく見かけますが、表紙の所も手作りできます。厚紙(端を持った時ペロンとならないもの)、サテン布など好きな布、両面テープ、細めのラッピング用リボン、パッチワークで使用される中綿などを使って作れます。売られている結婚証明書を見に行って、造りを把握すれば意外と簡単に作ることが出来ますよ。

2 ゲストブック

 受付の際芳名帳を使う人もいれば、ゲストカード式を選ぶ人もいます。バスでゲストが一斉に来る場合はゲストカードだと並ぶ時間が少なくスムーズですね。購入するとカードも付いていますが3500円~。そんなゲストカードを入れておくブックも意外に簡単に作ることが出来ます。

 材料は大体結婚証明書と同じ。厚紙、好きな布、両面テープやボンドなどの接着剤、刺繍糸など。実際ゲストの目に触れる機会のない物ですから節約しやすい小物ですね。※カードは予備も考えて購入しましょう。

http://www.w-style.jp/handmade/item_category/guest_book/guestbook/

3 ボンネ

 ウエディングドレス姿でよく使われているボンネ。購入しようとすると、シンプルなのは安くありますが、可愛いな~と凝っているのは10,000円以上する物も。他にもしたい髪飾りがあるから費用を抑えたいという方は作ってみてはどうでしょうか。

 材料は、厚紙、中綿、サテン布、好きなモチーフ、白のフェルト、Uピン、コームなど。かかる時間はデザインのこだわり次第。手作りだと好きな大きさにできるので小ぶりのボンネがほしい人にはピッタリです。

http://www.faitmainde.com/blog/706/

4 フォトプロップス

 友人のゲストがいると盛り上がるフォトプロップス。無くても支障はありませんがあると楽しい小物ですね。購入すると1500円程。もし手作りに余裕があれば作ってみては?
 
 材料は竹ひご、フェルト、両面テープ、ボンド、厚紙。髭などの絵は無料でダウンロードできるサイトもあるので見つけやすいかと思います。

http://ameblo.jp/uiui5i2/entry-11408217812.html

5 シャワー

 フラワーシャワーじゃないとダメという決まりはありません。もし式場が持ち込みOKなら手作りを考えてみてはどうでしょう。
 
 折鶴シャワーやスターシャワー、リボンシャワーなど。自分の式のイメージに合ったものを作るといいでしょう。また作らなくてもネットでフェザーを買うなどして少しだけ費用を節約する、という手もあります。

 

いかがでしたでしょうか。

普段はなかなか手作りをする機会はありません。またその努力をみんなに知ってもらう機会もSNSなどにアップしない限り少ないですね。ですが、結婚式は花嫁がこんなものを手作りしましたよ~とアナウンスしてくれます。

花嫁の好感度を上げる絶好の機会です。簡単に出来るものばかりですから挑戦してみてくださいね。

こんな記事も読まれています