結婚式前に花嫁がやっておいて良かった5つのこと

2,767 views

もうすぐ結婚式当日。

やり残したことはありませんか?

先輩花嫁が実際に、結婚式までにやっておいて良かったと心から感じていることを5つご紹介します。

参考にしていただいて、自分がどんなことをやっておきたいか考えてみてくださいね。



ブライダルエステ

結婚式当日、人生で一番輝いた姿でみなさんにお披露目したいですよね。
時間もお金もかかりますが、ブライダルエステは行って損はありません。
普段は見せないデコルテや結婚指輪をはめる指のお手入れをプロにしておいてもらえば、当日も安心です。
ウェディングドレスに映える肌を手に入れて、とびきり綺麗な花嫁になりましょう。

友人との旅行

結婚すると独身時代のような生活ができなくなることがあります。
今までは自分だけの時間、自分だけのお金、自分だけの自由がありましたが、結婚するということはすべて「夫婦のもの」になるのです。
それだけを聞くと、結婚って面倒くさいと思うかもしれませんが、これは自分たちの家庭を持つことによる、経済観念や理想の家族像の自然な変化なのです。
それゆえに、気兼ねなく楽しめる独身時代の最後に思いっきり友人との時間を満喫しておいて本当に良かったと先輩花嫁たちは感じているのです。

手作りアイテムの準備

結婚式までまだ時間がある今、もし余裕があるのならやっておきたいこと、それは手作りアイテムを準備することです。
意外に手作りアイテムがゲストに喜ばれることが多く、先輩花嫁も頑張って良かったと心から思っています。
席札メッセージ、ウェルカムボード、ウェルカムドールなど定番のものから、お見送りのプチギフトを手作りしたり、ブーケを手作りしたりとさまざまです。
自分の得意なものや時間と相談しながら、無理のない範囲でやっておくと、終わってからも心に残るものになりますよ。

職場での結婚報告

とても大切な職場への結婚報告。
しかしながらその一方で、いつどうやって報告すれば良いかわからないし、少し億劫だと感じている人が多いのも事実です。
結婚することによって働き方が変わることが多い女性は、特にきちんと報告をしておいたほうが今後の仕事のためにも良いのです。
時間を見つけて、一人一人丁寧に報告をしてください。また会社によっては朝礼時に報告をすることもできますので、迷ったら上司や先輩に相談するとうまく時間を作ってもらえたりしますよ。

両親へ感謝の気持ちを伝える

お嫁に行く前に家族での時間を過ごし、両親へ感謝の気持ちを伝えることはとても素晴らしいことです。
今日まで育ててくれた両親へ、自分なりの思いを伝えてけじめをつけた先輩花嫁は、胸を張って家を出て、新しい家庭を築いています。
普段はなかなか言えないことでも、結婚前の今だからこそ伝えられることはたくさんあります。
結婚式前の最後の時間、後悔のないように丁寧に気持ちを伝えて、新しい一歩を踏み出していきましょう。

こんな記事も読まれています