妊娠中でも量に気をつければ食べられるもの5選

1,493 views

妊娠中って、行動や食事に制約ができて何かとストレスがたまりますよね。

妊婦にはよくないといわれている食べものの中には、実は量をとりすぎなければ害のないものが多いんです。

今回は、妊娠中でも摂りすぎなければ楽しんでもOKな食べ物・飲み物を5つご紹介します!



コーヒー

妊娠中はカフェイン禁止!と思っている方も多いのでは?
もちろん摂りすぎはよくないのですが、一日にコーヒーをカップに2杯程度であれば赤ちゃんには何の影響もないんですって。
ストレスを抱えすぎるほうが赤ちゃんにはよくないそうなので、出先のカフェなどでたまに飲んだりするくらいはまったく問題ありませんので、ゆったりリフレッシュを楽しんでくださいね。
ただ、あまり取りすぎると血管が収縮しておなかの赤ちゃんに栄養が届きにくくなるので、おうちでも毎日のみたい!という方はカフェインレスのコーヒーも売っているので、そちらを試してみてもよいでしょう。

妊娠中に卵を食べるとおなかの赤ちゃんにアレルギーが出る、という話を聞いて卵を我慢しているという方が多いようですが実は大量に摂取しすぎなければ問題ないのです。
良質のタンパク源ですので、ほどほどに食べて栄養補給しましょう。
ただ、生卵は殻の部分についている菌によっておなかをこわしてしまうこともあるので、抵抗力の弱っている妊娠中には控えたほうがよいでしょう。

牛乳

卵と同じく、赤ちゃんにアレルギーが出るのを心配している方が多いようですが、こちらもとりすぎなければ問題ありません。ただ、乳製品にはカロリーが高いものも多いので、体重に気をつけたい妊娠中は摂取量に気をつけるようにしましょう。

辛いもの

妊娠中には刺激物となる辛いものは避けたほうがいい、という説もあるようですが、インドなど辛いものを常食している食文化の妊婦さんもいるくらいですので、日ごろよく辛いものを食べている人であれば摂取しても問題ありません。妊娠中は痔になりやすいのですが、辛いものはその原因にもなりうるので、痔のある方や辛いものを食べる習慣がない方が挑戦するのはやめておきましょう。

甘いもの

妊娠中は体重管理に気を使うので、甘いものはNGだと思っている方も多いのではないでしょうか。たしかに妊娠中は糖尿病のリスクが上がるので摂取のしすぎには注意しなければなりませんが、もともと甘いものがすきな方が妊娠期間の約8ヶ月まったく甘いものを食べないというのはストレスがたまるもの。
もちろん過度の摂取はよくありませんが、食事のバランスとあわせてトータル的に考えての摂取であれば問題ないでしょう。

いかがでしたか?
ご紹介した食べものも、まったく食べてはだめなわけではなく量に気をつければ食べてもいいんです。
ストレスをためずに楽しい妊婦生活を送ってくださいね!

こんな記事も読まれています