便利で安心。いざという時に利用したい陣痛タクシー

1,216 views

出産に不安はつきもの。病院まで運転してくれる人がいない時や電車やバスなどの

公共交通機関での移動が心配な時に利用したいのが陣痛タクシー。日本各地のタクシー会社で

サービスが展開されていて注目を集めています。

利用できる地域は?

第一交通グループが「ママサポートタクシー」として全国の主要都市で利用できるのをはじめ
東京23区を中心とした日本交通の「陣痛タクシー」など北海道から九州まで
各地域のタクシー会社がサービスを展開しています。
『エンジェルプラン(名古屋・つばめタクシー)』や『プレママタクシー(福岡・大稲タクシー)』など
名称も様々。まずは住んでいる地域のタクシー会社に問い合わせてみましょう。

http://woman.mynavi.jp/article/130702-002/2/

利用方法は?

妊婦さんの情報を正確に把握するため事前に住所や名前、病院、出産予定日などの
情報を登録することが必要です。陣痛が始まっても産院までの道案内は必要なく
料金も後払いが可能だったりと安心して利用できます。申込だけなら料金はかからないことが
多いので出産が近い人は登録しておくと安心です。

車内で破水したらどうしよう?

車を運転する乗務員をはじめとしてスタッフの方は研修を受けており
出産に対する基本的な知識を持っています。万が一、車内で破水をしても
大丈夫なように防水シートを用意してあるなどサポート体制は万全。
一部のタクシー会社では妊婦さんが安心して利用できるように乗務員が
「サービス介助士」の資格を持つなど取組みも様々です。

利用料金は?

妊婦だからと言って特別料金がかかることはなく「迎車料金+メーター料金」という
通常と同じ利用料金のところがほとんど。365日24時間対応してもらえますが
深夜・早朝の時間帯や利用地域によっては別途料金がかかる場合があります。

陣痛の時にしか使えない?

出産前に妊婦健診で病院へ行くときでも事前登録をしておけば自宅から病院まで
送迎してくれたり、産後に赤ちゃんと退院する時にチャイルドシートを装備しているタクシーを
利用できるなど出産後も便利なサービスがあることも。是非チェックしてみましょう!

こんな記事も読まれています