知りたい!出産祝いの失敗しない選び方

1,278 views

自分がもらう立場になってみないと難しいプレゼント選び。特に出産祝いは何を贈ればいいのか迷ってしまう人が多いのでないでしょうか。洋服?それとも?これでいいのかな?と思った時に失敗しない選び方のポイントをまとめました。

洋服、靴下はサイズ選びに気を付けて!

迷ってしまうのが洋服などのサイズ。赤ちゃんは生まれて一ヶ月もするとぽっちゃりしてくるので
50や60というサイズを着るのは短い間だけ。しかも生まれ一か月間はほとんど外出
する機会がないので着る機会が少ないものです。お出かけするようになってから
着られる80(男の子なら90)サイズを目安に選ぶと長く着られるでしょう。
一方、洋服とセットでいただくことが多い靴下。ねんねの頃には体温調節のために
足は出してあげた方がいいので小さいサイズはあまり履かせる機会がありません。
靴下を選ぶなら外で靴を履く頃のサイズ(13cm~)を目安にしてみましょう。

成長しても使えるのが嬉しい!長く使えるアイテムがGOOD

せっかく頂いたお祝いの品もサイズが決まっているものは子どもの成長とともに
すぐに使えなくなってしまいます。例えばサイズのない食器なら離乳食が始まる頃から
長く使うことができ、リュックは肩ひもを調整すれば小さい頃からお出かけする時に
持つことができます。洋服はたくさんもらっているだろうなと予想できる時は
子どもが成長した姿を想像して選んでみるのもいいですね。

スタイの代わりにお食事エプロンがおすすめ

ちょっとしたプレゼントにぴったりのスタイ。実はたくさん頂いてもよだれの少ない赤ちゃんには
使う場面が少なかったりするものです。食事の時にエプロンとしても使えるものなら
離乳食が始まってからも使えて便利なアイテム。贈り物でいただくおしゃれなデザインなら
レストランなど外食の場面でも活躍します!

名入れアイテムなら特別感がアップ

赤ちゃんの名前が分かったら贈り物のアイテムに名入れをしてみるのはいかがでしょうか?
おくるみ、バスタオルをはじめとする定番アイテムも特別感がぐんとアップします。
名前が入ったものなら保育園や幼稚園、学校でも活躍すること間違いなし!
成長したお子さんも可愛く刺繍された名前を喜んでくれますよ。

出産を頑張ったママへご褒美をあげましょう

何かプラスして贈りたいと思ったら出産を頑張ったママへのプレゼントを添えて。
母乳のために温かい飲みものを取りたい時期なのでタンポポコーヒーやルイボスティー、
フレーバーティーなど体にも優しいノンカフェインを。
育児の合間においしいお茶でほっと一息つけると嬉しいものです。

こんな記事も読まれています